属性の低い方は審査甘い消費者金融へ申し込み

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

属性の低い方は審査甘い消費者金融へ申し込み

生活費や冠婚葬祭、税金などお金に困った時に便利なのが消費者金融です。消費者金融ではスピード審査、スピード融資をウリにしているため、急ぎで借りたい時に便利です。そんな消費者金融に申し込みした後には審査が実施されます。この審査は消費者金融によって基準が異なります。審査厳しい消費者金融もあれば、審査甘い消費者金融もあります。

属性をスコアリング化して審査している

パソコンとグラフ

 

消費者金融に申し込みする際に必要なのが、属性の申告です。年齢や職業、雇用形態、勤続年数、保険の種類、居住形態、家族構成など様々な属性があります。インターネットで申し込みする場合は属性を入力する、または選択するという方法で申告します。

 

正直に属性を申告しないと正しい審査ができなくなるために注意して下さい。消費者金融の多くでこれらの属性をスコアリング化して審査しています。一つ一つの属性に点数を付けて、その合計を出す仕組みになっています。消費者金融では顧客データを保有しています。スコアリングの結果を顧客データに照らし合わせるとリスクの少ない顧客、リスクの高い顧客が分かりやすくなります。

 

このスコアリング化は担当者ではなく、コンピューターが行う事が多くなっています。担当者が行うよりコンピューターで行う方がスピーディーです。そのために審査スピードが速くなっています。保有している顧客データは消費者金融によって異なります。そのため消費者金融によって審査基準が異なる理由の一つとなっています。

大手より中堅の方が審査甘い傾向あり

男性

 

初めて消費者金融に申し込みする方の多くで大手を選ぶ傾向があります。大手は名前が知られているため、安心感があるという点が選ばれる大きな理由となっています。大手の審査に落ちてしまった方は中堅消費者金融に申し込みする事が多いです。

 

大手と中堅では顧客層が異なるため、中堅の方が審査甘い傾向があるのです。大手中堅関わらず、消費者金融は総量規制の対象です。総量規制では貸金業者からの借入総額は原則年収3分の1を超えられないと定めています。150万円の年収がある場合は3分の1である50万円までに借入金額が抑えられます。他社から借入があるとさらに借入金額が少なくなります。

 

収入ゼロの専業主婦の方の場合、総量規制にて消費者金融から借りるのが難しくなりました。総量規制には配偶者貸付があり、配偶者の方と合算すれば年収3分の1までで借入ができます。しかし配偶者貸付は行わない大手が多くなっています。そんな時でも中堅なら配偶者貸付を行うところがあるため、専業主婦の方でも借入しやすくなっています。

金融事故を起こした方は審査厳しくなる

男女

 

消費者金融の審査では申し込みする本人の信用を重要視しています。申し込みがあると加盟している信用情報機関に照会をかけて、個人の信用情報を参照しています。この信用情報には過去に利用したレジットやローンの記録が残っています。約束通り返済していれば殆ど問題ありません。

 

しかし過去に金融事故を起こしたという方は審査が厳しくなります。金融事故には3か月以上などの長期延滞、代位弁済、債務整理などがあります。事故情報が削除されるまで一定期間必要です。自己破産という債務整理を行うと10年ほどは削除されません。消費者金融に申し込みしても審査に受からず、借入できないという状況になってしまいます。

 

事故情報があるとクレジットカードの入会審査にも落ちやすいです。事故情報が削除された後でも、過去に金融事故を起こした消費者金融では審査に受からない事が多いです。一部の審査が甘い中堅消費者金融の中には、事故情報があっても審査に受かったという口コミが見られます。しかし必ず審査に受かるという保証はありません。

闇金でないか確認する事が重要

ひらめきマーク

 

事故情報があっても借入できるという審査が甘い貸金業者の中には闇金が潜んでいる事があります。利息制限法では借入金額によって15%から20%までの上限金利を定めています。正当な貸金業者であれば利息制限法を守って貸付を行っています。

 

しかし闇金ではトイチやトサン、トゴなど上限金利を大幅に超える金利で貸付を行っています。複利のトイチで100万円借入した場合、10日経つと10万円の利息が付きます。返済できずに20日経つと121万円もの返済が必要です。利息に利息が付き、とても返済不可能な金額まで膨らむ事があるのです。

 

返済できずに滞納すると厳しい取り立てが始まりますので、申し込みする前に闇金でないか確認する事が必要です。貸金業者のホームページにて協会員番号があるかどうか探しておきます。日本貸金業協会ではホームページで協会員検索サービスを提供しています。協会員番号を入力して検索すれば、その貸金業者が協会員であるかどうかすぐに分かります。会員権の消滅といった情報も検索できます。

 

正当な貸金業者であっても無理な借入は禁物です。返済を滞納すると一括請求が来る事があります。応じられないと最終的には強制執行がかけられる事があるのです。強制執行では給与差し押さえされる事があるため、会社に差し押さえの事実が分かってしまいます。一括請求が来た時点で異議申立が行えますが、それでも裁判へと進んでしまいます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿