消費者金融の在籍確認はどんな感じ?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融の在籍確認はどんな感じ?

読了までの目安時間:約 7分

消費者金融を利用する際に必ず受ける必要のある審査。その中の一つに在籍確認と言うものがあります。基本的に審査は、信用情報機関で行われ、年収や勤務形態、勤続年数の他、今までのカードローンなどの利用履歴などを確認し、審査が行われます。その上で必要になってくるのが在籍確認で、本当に明記された勤務先で勤務しているのかと言う確認を行うために行われるものとなっています。

消費者金融で行われる在籍確認は、どのように行われるのか?

女性

 

在籍確認は、基本的に電話で行われるようになっています。勤務先に電話をかけ、本当にそこにその人物が働いているかと言う事を確認する事が主な内容となります。もし、利用者本人が電話に出た場合は、正直に審査の在籍確認の電話だと言う事を告げ、「そのまま、審査を進めさせて頂きます。」などと言った内容となります。

 

一方、本人ではなく他の社員が出た場合は、「○○と申しますが××さんは、いらっしゃいますか?」と言う流れで始まります。この場合、○○には、消費者金融などの金融名が入るのではなく、あくまでも、田中や鈴木などと言った個人名が入ります。

 

また、審査申し込み者が不在の場合でも「只今、席を外しています。」などと言った確実にその人が在籍している事がわかるような返答をもらう事ができた場合は、その場で在籍確認は終了となります。そのような事から必ず本人が電話に出なければいけないと言う事はありません。その為、席を外す事が多い仕事の人でも、在籍確認のために電話を気にする必要は基本的にありません。

在籍確認が勤務先にバレる事はない?

女性

 

勤務先に必ずと言っていいほど電話で行われる在籍確認。その為、万が一、自分が借金の申し込みをしている事が勤務先に知られてしまったらどうしよう?と心配する人も多いのではないでしょうか。

 

基本的に個人名で電話をするため、在籍確認であると言う事を知られる可能性は低いかと思われます。また、電話に出た社員に「どのようなご用件ですか?」と聞かれたとしても、本人以外に在籍確認の電話であると言う事を話す事はありません。

 

その他にも注意をして行っている在籍確認の電話。万が一、折り返しの電話があると困ると言う事で、電話は非通知で行うのが一般的です。中には、非通知の着信を受け付けていない勤務先もあり、そのような場合は、非通知ではなく電話をかけるものの、折り返しの電話があった場合は、サービスセンターなどと言ったように必ず消費者金融だと分からないように返答するようになっています。

 

その為、基本的に在籍確認の電話で消費者金融の利用がバレると言う事は少なくなっていると言えるかと思います。とは言っても、絶対と言うことは言えず、中には、勘の鋭い人や自分自身、消費者金融の利用経験がある人が電話に出た場合は、バレてしまうと言う事も考えられます。

在籍確認の日時の指定などは可能?

携帯

 

少しでも、勤務先に在籍確認の電話であると言う事を知られる事なく行うためには、やはり、自分が電話に出ると言う事がベストかと思います。とは言っても、いつかかってくるかわからない電話の為、一日中、電話の前に張り付くと言う事は出来ないかと思います。そう言った事から、できれば、日時指定をして欲しいと希望する人も少なくありません。

 

そう言った要望にも基本的には応じてくれる消費者金融の在籍確認。ただし、不自然な時間帯などの場合は、怪しまれ希望を聞き入れてもらうことができない事もあります。また、消費者金融の中には、日時指定を行う事で何か不都合なことがあるのではないかと怪しまれた結果、厳しい在籍確認を行うと言った場合もあるようです。

 

そのような事から、基本的に在籍確認における日時指定を行う事は可能になるものの、よほどのことがない場合は、あまり、お願いしない方が良いかも知れません。もちろん、勤務先にバレる事の方が怖いと思うような人の場合は、一度、その事を正直に伝え、日時の相談を行うと良いかと思います。

土日利用可能な消費者金融でも在籍確認ができないと利用は出来ない?

男性

 

最近では、消費者金融の中には、土日祝日でも審査が可能となっているところも少なくありません。しかし、そのような消費者金融でも、その土日に在籍確認を行う事ができなければ、審査を進める事は出来ず利用する事が難しくなってきます。もちろん、土日祝日でも勤務先が機能しており、誰かが電話に出てくれるのであれば、在籍確認を行うは可能です。

 

しかし、一般企業の場合、そう言った事も難しくなるのではないでしょうか。そんな時は、一度、電話で在籍確認のみ月曜日にしてもらうことができないか確認してみると良いかと思います。場合によっては、その他の審査をクリアする事ができれば、在籍確認は後回しにして利用する事が可能な場合もあります。

 

その他、在籍確認を電話以外で行う事も可能です。例えば、社員証、給与明細、源泉徴収票などを提示する事で在籍確認したとみなしてもらうことも可能となります。このような在籍確認は、基本的に例外となっています。その為、絶対に利用する事ができると言うわけではない為、必ず確認する事をお勧めします。

まとめ

以上が消費者金融を利用する際に避ける事ができない在籍確認についてとなります。そう心配する必要はないかと思われる在籍確認ですが、中には勤務先に消費者金融の利用がバレるきっかけになる事もあります。その為、念には念を入れてみると言った事も必要かも知れません。「念には念を入れよ」と言うことが言えるのが在籍確認だとも言えるのです。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿