即日審査・即日融資で借り入れができる大手から中小消費者金融は当サイトから見つかる!利用するうえでの注意点など様々な疑問も解決!

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融の借入があると、住宅ローンが通らないってホント?

借りたいときに無担保で借りられるのが、街の消費者金融です。ボーナス前や給料日前でお金が不足しているとき、とっても助かる仕組みですよね。気軽に利用できる消費者金融ですが、今回知りたいのは「借入があると、住宅ローンが通りにくくなる」という都市伝説。噂は本当なのか調べてみました。

借金があることは、銀行にバレる?

女性

 

そもそも消費者金融のキャッシングが、住宅ローンを申し込んだ銀行にバレる可能性はあるのでしょうか。銀行などの金融機関には、その人がいくらくらいの借金をしているのか調べる調査機関と密接にリンクしています。住宅ローンを申請するとき、申し込み用紙に「借り入れの有無」などを記載する項目がありますが、たとえ空欄で出しても、銀行の担当者が調べようと思えば、現状を確認できる仕組みになっているのです。

 

どこにどのくらいの借金をしていて、返済はどのくらい行われているのかまで、バッチリ金融機関側は知ることができます。なぜ他社の借入にそこまで銀行側が関与するかというと、万が一借金だらけの人に多額の住宅ローンを貸してしまうとローン返済が滞り、銀行そのものの経営が立ちいかなくなる可能性が生まれてくるからです。

 

そのため住宅ローンの申請をおこなうときには、その途中経過で「あなたの消費者金融の情報」を銀行側が把握すると思って間違いないでしょう。虚偽の申請をするとかえって信用度が下がってしまうこともあるため注意が必要です。

借金があってもローンを借りられる人の特徴は?

メモ

 

こんな話をすると、消費者金融の借入があるから住宅ローンを受けることができない…とお先真っ暗に感じてしまうかもしれません。けれども、心配はご無用。たとえ借金がまだ残っていても、あなたの条件次第では「住宅ローンが借りられる」可能性も残されているため、落ち込む必要はありません。

 

◇毎月の返済が滞りなく、おこなえている人
◇収入に余裕がある人
◇無理のない住宅ローンを組む予定の人

 

たとえ消費者金融のお世話になっていても、毎月の返済が滞りなくおこなえている人や、業績が伸び安定した収入をキープしている人、収入に対して住宅ローンの占める割合が少ない人などは「安定している顧客」として、例外として住宅ローンが認められることもあります。

 

ちまたの雑誌などを見ると、消費者金融の借金のせいで住宅ローンが組めない…などのストーリーが掲載されていますが、内情はそうではありません。あなたの努力次第では、望みのマイホームを手に入れることも十分可能。諦めずにアタックして欲しいと思います。

残念ながら、ローンを借りることができない人の特徴は?

男性

 

一方で消費者金融の借入のために、住宅ローンが受けられない人の特徴も知っておきましょう。

 

◇借金を返す意思のない人
◇収入が不安定な人
◇遅延を繰り返している人

 

万が一消費者金融の借入があっても、住宅ローン審査が通らないということは無いということを先ほどお伝えしました。もしあなたが住宅ローン審査に落ちてしまった場合は、毎月の借金がきちんと返済できていない、安定した収入が得られていないなど何らかの原因が背景に隠れています。

 

収入に対して求める住宅ローンの額が大きすぎることも、審査をスムーズに通らない理由のひとつになります。この場合は「収入に応じた物件にかえる」など何らかの対策をおこなえば、借入ができる可能性もあります。

 

また何度も借金をつくり、まったく返済している気配がない人も「返済能力が低い」と見なされてローン審査を通りづらくなります。たとえ借金があっても、何らかの返す努力をしている人は、住宅ローン審査がパスできる可能性も残されているのです。これからローンの申し込みをしようと思っている方は、先ほど述べたブラックリストに当てはまらないよう努力をすべきです。

プロに相談するのも、ひとつの手腕

女性

 

消費者金融の返済と住宅ローン、ダブルのパンチを食らうと生活設計自体が難しくなることもあります。にっちもさっちもいかなくなったら、銀行のローン担当者や弁護士など、その道のプロに頼ることも必要です。特に消費者金融の借入が膨らんだとき、ありがちなのが「多重債務におちいる」ということ。1社の借金を返済するために2社や3社と借入が増え、返済に苦しむパターンです。

 

こうした現状をありのままに相談すると、銀行によっては「ひとつのローンにまとめる」おまとめローンを提示してくれるところもあります。おまとめローンの良さは、借金がひとつになるため、返済のめどがたち生活がラクになるということ。まとめることによって金利が下がり、月々の使えるお金が増えるケースもあるようです。

 

消費者金融に借入があるとバツが悪くなる…と金融機関の担当者に借入そのものを隠してしまうのは良く聴かれるケースです。けれども調べれば一発でバレてしまう金融業界の世界。どうせ情報が伝わってしまうのなら、最初からありのままの現状を打ち明ける方が得策ではないでしょうか。

 

銀行によっては具体的な返済プランをあなたに代わって立ててくれるところもあるようです。こうした仕組みを上手に利用することも重要です。

まとめ

消費者金融に借金をしていても、その人に返済能力があると判断された場合は「住宅ローン審査がとおる」「新築のマンションや一軒家などのマイホームが購入できる」可能性は十二分にあります。借金の返済に困った場合は、銀行や弁護士などプロに委ねてみることも大切。あなたの動き方次第で、これからの人生は明るく華やかになります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿