即日審査・即日融資で借り入れができる大手から中小消費者金融は当サイトから見つかる!利用するうえでの注意点など様々な疑問も解決!

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

【消費者金融に悩む方吉報!】実はおいしい仮想通貨のハナシ

読了までの目安時間:約 7分

毎月の消費者金融の返済が苦しい、多重債務に苦しんでいる…。こんなあなたにおすすめしたいのが「仮想通貨を購入して、借金をチャラにする方法」です。マジメに働いて返済することを考えると、一発逆転の可能性がある仮想通貨は夢のような話。ゆとりある生活を手に入れたい方は必見です。

いくら返しても、借金が減らない現実

女性

 

飲み会やパチンコ代・キャバクラ代など、気軽に借りた消費者金融。額は数十万とわずかだったにも関わらず、3年や4年経ってもその額は一向に減らない。減らないどころか、むしろ増えていくばかり…。こんな苦しい負のジレンマに陥っている方も多いのではないでしょうか?

 

少額に見える消費者金融の返済ですが、実は大きなカラクリもあり「返済額プラス大きな利息」が毎月上乗せされていきます。つまり30万借りたとしても、現実的にはそれを上回る多額の利息を毎月義務的に払わなければならないということ。この法則を勘違いしてしまうと、消費者金融のドツボにはまることになります。

 

気軽に借金をおこなったつもりでいても、実は負の連鎖が続き「いくら返しても、完済できない残念な人」になってしまうことも…。日本はこのような消費者金融難民が現実的に増えているといわれています。1社の負債が減らないからと、2社や3社に借りまくり、挙句の果てに家計が火の車になってしまう人も珍しくはありません。

借金地獄を抜け出せる、魔法のテクニックとは?

男性

 

消費者金融で作った多額の負債を一度にチャラに出来ると、ユーザーの間で話題になっているのが、ウワサの仮想通貨です。アメリカのゴールドマンサックスの調査によると「バブル同然の儲けが期待できる」と評価大なのが、仮想通貨の王さまビットコインです。

 

ビットコインを始めとした仮想通貨のスゴイところは「一攫千金が期待できること」にあります。難しい金融の知識が必要なくてもトライでき、儲けもとても大きいポイントがあります。海外の一例を出すとアメリカの投資家は60憶の儲け、イギリスのIT起業家が15憶ほど巨額の儲けを出しています。

 

一攫千金を狙って宝くじを買うよりも、確実に手元のマネーを殖やすことができるのが仮想通貨の良いところです。また日本国内だけではなく世界を母体にしている通貨のため、グローバルに展開できるところもメリットの一つです。もちろん仮想通貨をやり取りする取引所も日本国内に沢山増えているため、外国語が苦手な方でも簡単に売買できます。

仮想通貨のメリットは?

通貨

 

とは言えビギナーの方にとって「借金の穴埋めを仮想通貨でおぎなうのは、リスクが高いのでは?」と思う方も多いかもしれません。分かりやすいように、ビットコインなどの仮想通貨を持っておくと、どんな良いことがあるのかまとめてみました。

 

◇インフレの心配がない

そもそも仮想通貨とは、インターネット上で売買する非現実的なお金です。管理している団体や国がいないため、通常のお金のやり取りと比べてはるかに自由度が高いもの。どこかの国の貨幣を持っていると、その国の先行きが悪くなったとき、真っ先にその国の貨幣の価値はダウンします。仮想通貨にはこのような「お国事情」に左右されるリスクが少ないため、安定した取引ができます。

 

◇借金の返済がラクになる

ビットコインなどの仮想通貨は、スタートしたばかりのシステムです。そのため「購入しようか、やめようか」参加している人もまだまだ少ないのも事実です。実はこうした様子見の人が多い段階こそ、実はチャレンジすべき期間。周囲のライバルが少ないときに試すことによって、現在抱えている負債をチャラにすることも可能になります。毎月の返済額に悩むこともなくなるため、毎日を気分よくすごせます。

仮想通貨のデメリットは?

通貨

 

ここで気になるのが、仮想通貨のデメリットや注意点です。どんなマイナス要素があるかもチェックしておきましょう。

 

◇すべてが自己責任

ビットコインなどの仮想通貨は、誰もリーダーのいない「自由すぎるマネー」です。政府や特定の国が介入していないため、アップダウンも激しい傾向があります。仮にあなたが1億円分の仮想通貨を購入して、次の日に大暴落したとしても、日本政府は助け舟を出してくれません。救済措置などが無い、万が一のことがあっても「自分で責任を取る」スタンスを持っておくことが大切です。

 

◇税金がかかる

大きなマネーが手に入るビットコインですが、金融商品の一部として金融庁も監視を強めていることも事実です。「ばれないだろう…」と思っていて売買額を隠していると、追徴課税のターゲットにされる事もあります。ちなみに仮想通貨で儲けたお金は「雑所得」として税務署に申告する必要があります。

 

儲けがあるのに申告をスルーしておくと悪質なケースでは10年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金をかされることもあります。こうした件は稀なものの、仮想通貨を購入する人は「税の申告義務」を認識しておくことが大切です。

まとめ

消費者金融から借りたマネーを毎月コツコツ返していくのは、並大抵の努力だけでは出来ないものです。毎月のサラリーも限られているなか「借金をチャラにしたい」と思うのなら、ビットコインなどの仮想通貨購入に目を向けてみるのも、ひとつの賢い選択肢かもしれません。バブリーな仮想通貨には良いところ・悪いところも両方あります。メリットとデメリットを知り「家計の足しにすることも」おおいにアリだと思います。リッチな暮らしを夢みて、ぜひ新しいマネーの世界に飛び込んでみて下さい。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿