消費者金融は実はそのほとんどが中小企業?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融は実はそのほとんどが中小企業?

消費者金融で有名なのは、TVでCMを流しているような大手の数社です。具体的にはプロミスやアコム、アイフルといった会社で、これらの社名は利用したことがない人でも一度は聞いたことがあるでしょう。ですが、それ以外にも消費者金融と呼ばれる会社は数多く存在しているのです。

全国に1000社以上存在します

グラフ

 

消費者金融とは、金融庁から認可を受けて、きちんと免許の発行を得ている貸金業者のことです。世の中にはそのようなことはせずに勝手に貸金業を行っている、いわゆる”闇金”というモグリの業者も存在していますが、消費者金融とは全く別物で、もちろん違法業者です。

 

大手ではない小さな規模の消費者金融はこの闇金と間違えられてしまうことも多いですが、れっきとした正規の金融業者なので安心して利用してください。消費者金融にはその規模の大小を問わず、利息の上限や取り立てについての規定があるので、決して違法な行為は行いません。そのようなことをしては免許が取り消されてしまいます。

 

この消費者金融と呼ばれる金融業者は、実は日本に1000社以上存在しています。大手と表現されるのはほんの数社だけなので、そのほとんどが中小企業なのです。営業実績から、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、そしてノーローンの5社を大手とすると、それ以外の消費者金融は全て中小の業者という扱いになります。

正規の金融業者との見分け方は?

女性

 

中小企業に当たる消費者金融では本社のみで営業を行っていることも少なくありません。中には商業ビルの一室だけが店舗だという業者もあり、闇金だと思われてしまうことがあるのも無理はありません。

 

しかし、正規の金融業者であれば、必ず貸金業者としての登録番号というものがあります。これは、ホームページやチラシ、そして店頭の見える場所に必ず表示しなくてはいけないという決まりがあるので、どこにも見当たらない業者は闇金だと思っていいでしょう。

 

この登録番号は例えばアコムを例にとると、関東財務局長(12)第00022号となっています。「関東財務局長」の部分は地域に依って異なり、都道府県知事になっていることもあります。そして、()の中の数字は免許の更新回数を表しており、3年ごとに増えていきます。つまり、この数字が大きいほど長く貸金業を営んでいる会社だということです。

 

そして、消費者金融には固定電話番号の表示義務があるので、電話番号の記載がどこにも無かったり、携帯電話などの場合はその時点で闇金だということです。

地域限定の業者が多いです

グラフと虫眼鏡

 

貸しビルの一室だけで営業しているような小規模の消費者金融は、その店舗のある地域だけで営業していることも多いです。東京都であれば、都内に住んでいる人、または関東近郊に住んでいないと利用できないといった具合です。消費者金融を大手しか知らない場合、全国どこからでも利用できるのが当たり前だと考えているかも知れませんが、それは大きな間違いです。

 

大手以外のほとんど中小の業者は、その地域限定での営業となっています。そのような小規模の業者でも、最近ではネットを利用して申込みを行えることが増えてきましたが、直接店舗を訪れないと利用できない業者もまだまだ多いです。

 

また、キャッシングカードの発行は、大手やよほどの規模の業者でないと行っていません。この発行がない業者は銀行口座への振込や直接店頭で現金を受け取って利用し、返済時も同様になります。金利こそ大手でも中小企業の消費者金融でもそう変わるものではありませんが、このような利便性の面が大きな違いだと言うことができます。

中小の業者を利用するメリットとは?

女性

 

中小の消費者金融では最高でも50万円までという業者が多く、中には100万円や200万円まで借りられることもありますが、大手と比較すると少額しか借りられない場合がほとんどです。こればかりは企業としての体力の問題が大きいので、利用の際にはそれを納得の上で契約してください。

 

先ほどの利便性の問題と、この点からも大手と比べて中小の業者を利用するメリットはあまり無いように思えるかも知れませんが、中小の業者ならではのメリットがあります。それは、大手と比較すると審査を柔軟に行ってくれるという点です。

 

消費者金融の利用の前には必ず審査がありますが、大手では機械的に判断をすることが多く、少しでも審査基準に満たない場合は不合格にされてしまいます。それに対して中小の消費者金融であれば、大手では無理だと判断されるケースでも融資を行ってくれる場合が多くあるのです。

 

これこそが大手以外を利用する最大のメリットで、大手では借りられなかった人に多く利用されているので、全国に1000社以上も存在していてもそのほとんどが何年も営業を続けられているのです。

まとめ

消費者金融と言えば大手数社の名前しか知らない人がほとんどだと思いますが、実は中小企業がそのほとんどを占めています。それだけ多く存在していても、審査基準を緩和することで大手とうまく棲み分けをしています。中小の業者は1社1社の規模は大手とは比較になりませんが、その大手では借りられなかった人の受け皿として多くの人に必要とされているのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿