消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

読了までの目安時間:約 7分

カードローンで検索すると消費者金融と銀行カードローンが多く見つかる事と思います。では、この消費者金融カードローンと銀行カードローンには、どのような違いがあるのでしょうか。

金利で比較した場合

パソコンと電卓

 

まず、消費者金融カードローンと銀行カードローンを金利で比較した場合、相対的に銀行カードローンの方が安い金利でお金を借りることが可能になっています。その理由は、やはり、銀行が販売している商品だからと言えると思います。消費者金融の場合、基本的に販売している商品は、カードローンのみと言った感じとなります。もちろん、預金などを預かっていると言う事などありません。その他、大きなローン商品を販売していると言う事もありません。

 

一方、銀行の方はといえば、本業は住宅ローンやマイカーローン。その他、各種ローンをいくつも取り扱っており、その上で多くの顧客から預金を集めて運営している機関となっています。その為、カードローンにおいても、金利を低く設定しても経営自体、困る事はありません。

 

そう言った事から、金利で比較した場合は、どうしても、消費者金融カードローンの方が銀行カードローンよりも高くなってしまうと言えるのです。そのような事から、返済を考え利用する場合は、銀行カードローンの方がお得に利用する事ができると言えると思います。

審査までの時間で比較した場合

女性

 

審査までの時間最短30分!などと言った文字を目にする事も多いかと思います。しかし、この場合、多くは、消費者金融カードローンとなっており、銀行カードローンにおいては、30分での審査は難しくなってしまいます。通常当日~2営業日が一般的ではないでしょうか。場合によっては、もっと時間がかかってしまう銀行カードローンもあります。

 

しかし、銀行カードローンのすべてが、このように審査時間がかかると言う事ではなく、銀行によっては、消費者金融カードローンと同じく最短30分での審査を行っているところもあります。

 

ただし、利用する際に、申し込んだ銀行の口座を持っているなどといった条件が加わる事も少なくありません。その為、まったく初めて利用する人の場合、銀行カードローンで即日融資を受ける事は難しい場合も考えられます。このような事から、少しでも早くカードローンを利用したい場合は、審査時間が短く、即日融資も可能な消費者金融カードローンの利用がお勧めとなります。

審査の難しさで比較した場合

男性

 

審査の難しさで消費者金融カードローンと銀行カードローンを比較した場合、口コミなどでは消費者金融カードローンの方が甘い傾向になると言う声が多くなっています。基本的に信用情報機関でカードローンの審査は行われるため、同じ信用情報機関を利用している場合も多くなりますが、やはり、その際のポイントの基準が異なって来てしまうのかも知れません。

 

しかし、基本的に何も問題のない人の場合、銀行カードローンだからと言って、審査が難しく通らないと言う事はありません。今まで滞納などを起こしていない場合、基本的には利用する事ができると思っても良いかと思います。ただし、少しでも不安要素がある場合は、消費者金融カードローンの方に審査の申し込みを行った方がいいかもしれません。

 

ここで注意が必要なのが、金利を考え、銀行カードローンを利用したいものの、審査に自信がない為、念のため、消費者金融カードローンの審査申し込みも行っておくという方法です。審査には、審査ブラックと言う言葉があり、同時に複数社への審査申し込みを行う事で、審査自体に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。利用する側にとっては、保険で申し込んだだけのつもりでも、そのせいで、どちらの審査も通過する事ができないと言う事が起きてしまうのです。

 

その為、そのような事にならないように初めからどちらを利用するか決めた上で申し込みを行い、万が一、審査に落ちてしまった場合は再度、申し込みを行うといった方法の選択をお勧めします。

借入金額で比較した場合

 

お金と模型

 

総量規制という言葉をご存知でしょうか。総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れを行う事ができないというもので、これは、銀行には適応されない法律となっています。言い換えれば、消費者金融カードローンでは、年収の1/3以上の借り入れを行う事ができないと言う事です。

 

その為、いくら限度額が500万円と明記している消費者金融カードローンでも、自分の年収が低ければ利用する事は出来ないと言えるのです。また、専業主婦の場合、自分自身に年収はなく0円となります。その為、消費者金融カードローンは、借入金額にかかわらす1円も利用する事ができません。

 

一方、銀行カードローンの場合、総量規制は適応されない為、基本、審査を通過する事ができれば年収に関係なく、利用する事が可能となります。もちろん、収入のない専業主婦も同じく利用が可能です。その上、消費者金融カードローンに比べ、限度額が高めに設定されている事も多く、中には、限度額が1千万円と言った銀行カードローンもあるほどです。

まとめ

以上が、消費者金融カードローンと銀行カードローンの違いとなります。それぞれにメリット・デメリットがあると言える両者。その為、どちらの方があっているかと言うのは、利用する人本人次第だと言えると思います。その為、自分にあった方を選び、その上で、審査の申し込みを行う事をお勧めしたいと思います。そうする事で、便利に利用する事ができる事と思います。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿