消費者金融での借り入れでの延滞履歴

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融での借り入れでの延滞履歴

読了までの目安時間:約 6分

急にお金が必要になってしまった…という場合に、とても便利なのが消費者金融でのキャッシングです。しかし、消費者金融でキャッシングをする場合、審査に通らなければ、借りることは出来ません。こちらの審査ですが以前他社で借り入れがあり、延滞履歴があった場合には、もちろん通らないことがほとんどです。そこで、消費者金融でのキャッシングでの延滞履歴について詳しくみていきましょう。

消費者金融での借り入れは全て履歴が残ることを知っておこう

グラフ

 

消費者金融での借り入れですが、これらは全て履歴が残ってしまうことを知っておく必要があります。借り入れや取引などの履歴は全て残ってしまいますが、こちらの履歴はいつまで残るのでしょうか。キャッシングの取引については、実はこれらは「信用情報機関」で全てデータが管理されています。消費者金融ではこちらの信用情報機関のデータなどを参考にして、審査を行っているのです。

 

よく、消費者金融に嘘の申告をしてしまってもバレてしまうといわれていますが、これはこちらの信用情報機関にデータが残っているためにバレてしまうのです。信用情報機関に登録されたデータについてですが、こちらのデータが残っている期間が気になる方も多いです。

 

まず、消費者金融などへの申し込み履歴に関しては、6ヶ月間の間保管されることになります。また、消費者金融から借り入れをした場合には、5年間ほどそれがデータとして残ります。取引情報や借り入れ情報などが、取引が終了してから5年間残る形になります。完済をしたとしても契約が残っていれば、データは残り続けることになりますので、完済すれば契約を解約するようにする必要があります。

延滞履歴はどれだけ残るの?

男性

 

さらに、消費者金融でのキャッシングを検討しているけれど、延滞履歴があるので、いつになったらデータが消えるのだろう…と考えている方も多いと思います。借り入れをした場合の延滞履歴ですが、こちらは5年間残っていることになります。取引情報、そして返済情報、さらに延滞履歴は5年間情報が残っていることになります。

 

つまりこの期間には他社で借り入れをしようと思っても、審査で落とされてしまう可能性が極めて高いですので、注意をしましょう。借り入れをする際には、以前延滞した記録が残っているかどうかを計算してから申し込みする必要があります。

自己破産などをした場合には要注意

男性

 

消費者金融でのキャッシングをする場合、このように延滞履歴があれば、それだけ借り入れは難しくなってしまいます。しかし5年間でその情報はなくなりますので、しばらく期間を待つことが必要です。

 

しかし、たとえば延滞をして、その後自己破産などをした場合には、その事情が異なってきます。自己破産をした、あるいは民事再生を行った…という場合、これらは事故情報として登録されることになります。この場合のデータの残る期間は、10年間となりますので注意をしましょう。このように法的に手続きを行ってしまった場合には、5年間でこれらの情報が消えてしまうことはなく、当面これらの消費者金融での借り入れなどは難しくなってしまいます。

消費者金融でのキャッシングは、住宅ローンや自動車ローンにも影響するのか

電卓と模型

 

このように、消費者金融へ申し込みをしたり、借り入れをしたり、取引をすることによって、それらのデータなどは信用情報機関に保管されることになります。一定期間残りますので、審査の際には、こちらをチェックされることになります。

 

そこで、このように消費者金融への申し込み記録や借り入れ、また延滞履歴があれば、住宅ローンや自動車ローンに影響はするのでしょうか。まずは、消費者金融への申込記録があるだけでは、これらの審査に落ちることはないと考えて良いでしょう。

 

しかし、利用記録がある場合、たとえば、利用限度額が高い場合、借入額が少ない場合でも、審査に落ちてしまうことがあります。また、消費者金融での借り入れで、延滞履歴があれば、内容によってこれらも審査に落ちてしまうこともあります。また、契約記録などが残っている場合にも、場合によっては審査に落ちてしまうこともありますので、契約を解約することが必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように、消費者金融での借り入れで、延滞履歴がある場合には、それらはデータとして残ってしまいますので、5年間は借り入れをすることが出来ないと考えておいた方が良いといえるでしょう。また、自己破産などの記録があれば、それらは10年間信用情報機関にデータとして残りますので、これらの期間は審査に通らない可能性が高くなります。

 

また、申し込みや取引なども全てこれらは信用情報機関にデータとして保管されています。これだけで審査に落とされてしまうことはありませんが、内容によっては審査で不利になり、住宅ローン自動車ローンなどにも影響してしまうこともありますので、これらのことを知っておくようにしましょう。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿