消費者金融を利用する際に調査される信用情報の内容とは?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融を利用する際に調査される信用情報の内容とは?

読了までの目安時間:約 7分

消費者金融を利用する際、必ず受けなければいけない審査。その審査の中身は、主に信用情報の調査となっています。消費者金融自体で調査するのではなく、消費者金融から依頼を受けた信用情報機関で行うものとなっている信用情報調査。では、実際、そんな信用情報調査の内容とはどんなものになっているのでしょうか。

信用情報に記載されている内容

ぺんと紙

 

信用情報に記載されている内容は主に本人を特定するための情報として、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号のほか、勤務先名や勤務先の電話番号となっています。その上で、契約内容に関する情報 として、キャッシングやカードローン、その他のローンを利用している場合、利用会社名、商品名、支払い回数などの契約詳細。その他、契約日や利用金額など契約に関する事が記載されています。

 

そうした契約内容に加え、返済内容も同時に記載されており、入金日や借金の残高。完済している場合は完済日。延滞などをしていた場合は、延滞の有無に加え、回数なども一緒に記載されています。

 

そして、これら以外にも債務整理などの経験がないかと言う事も記載されており、本人を特定するないように加え、主に借金の有無、また、その借金の返済状況などが詳しく記載されていると言えるのです。そう言った信用情報を元に消費者金融では、実際に審査を行い、契約が可能な人であるかと言う事を判断することになっています。

信用情報調査で重視される事は?

クエッションマーク

 

では、次に信用情報調査において、何を重視し消費者金融では審査を行っているのでしょうか。まずは、実際の申込内容と信用情報に記載されている内容が同じかという点を重視します。例えば、申し込み時に記載されている勤務先には実際に勤務していない場合や借り入れ件数、借金総額などに違いがあった場合、まず、審査を通過する事は難しいと言えると思います。

 

適当に記載してもバレないと思い記載しているような人もいるようですが、そのような事は一切なく、必ず嘘はバレると思っていて下さい。特に借金総額や件数などを適当に記載する事は危険です。また、故意ではなくても、誤った内容を明記してしまった場合でも、嘘を明記したと考えれれてしまう場合があります。その為、そう言ったミスがないように必ず申し込み内容は確認してから提出する事が大切です。

 

その他、基本的にスコア化して審査する事の多い消費者金融の審査。スコア化と言うものは、各調査内容を点数化し、その上で審査を判断する事を指します。内容としては、家族構成や勤務形態。その他、勤続年数などを点数化すると言われています。

消費者金融の審査に有利な職業などはあるの?

男性

 

様々な情報が記載されている信用情報。そんな信用情報の中に消費者金融の審査に有利な内容と言うものがあるのでしょうか。答えとしては、スコア化する際、点数が高いと言うものは確かに存在します。

 

例えば、勤務形態においては、正社員が一番点数が高く、やはり、派遣社員やアルバイト、パートの人の点数は低くなってしまいます。また、勤続年数においては、2年以上あると安心だと言われる一方、1年未満の場合は不利になる事も多いと言われています。また、年収においても重要ですが、高収入でなければいけないと言う事はなく、年収の基準は200万円以上と言われ、200万円以上あれば、まず、悪い点数になると言う事はありません。

 

その他にも、細かな事になりますが独身よりも既婚者の方が点数が高いと言われているほか、登録している電話番号は携帯電話よりも固定電話。また、住居形態においては賃貸よりも持ち家の方が良いと言われています。これらが高い点数になっている理由は、借金をしても逃げにくいと言う事だと言われており、少しでも点数をアップさせたいと思う場合は、実家が持ち家の場合、そこに住所を変更しておくといった方法や固定電話を明記し、緊急のみ携帯電話といったような登録にすると良いかと思います。

信用情報に傷が付くとはどのような事なのか?

パソコン

 

信用情報に傷が付くと言う事は、つまり、事故情報が記載されていると言う事を指します。実際、ここで言う事故情報とは、延滞、債務整理、強制解約、代位弁済です。

 

延滞とは、クレジットカードやローンの支払いを延滞することで、実際には、2~3ヶ月以上延滞すると記録されることが多いと言われ、延滞を解消も最長1~5年間記録が残ると言われています。次に債務整理の場合、自己破産だけではなく、任意整理、個人再生、特定調停など全てが対象となります。任意整理なら最長5年間、破産なら最長5~10年間にわたり記録が残ると言われ、この場合、まず、審査を通過する事は出来ないと言えると思います。

 

また、強制解約とは、延滞が長期にわたったなどの理由で、金融機関から強制的に契約を打ち切られる事を指し、最長5年間、信用情報に残ります。代位弁済においては、保証会社が利用者に代わって借金の返済を行うと言う事を指し、これを行った場合は、最長5年間信用情報に残ります。

まとめ

以上が消費者金融を利用する際に調査される信用情報の内容となります。基本的に事故情報などがなければ、通過する事ができる審査ですが、中には、スコア化された点数が低いといった事で審査に通る事ができないと言う場合もあります。その場合、何が悪かったのかと言う事を確認し、心当たりがある場合は、その点を改善してから再度、審査の申し込みを行うと良いかと思います。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿