消費者金融は学生も借りることができる?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融は学生も借りることができる?

消費者金融は学生は対象外になる?

女性

 

学生は時間はたっぷりありますが、お金が無いケースが多いです。旅行へ行く計画を立てても急にお金を準備することができず、友人にお金の相談しても、金銭関係で友人関係が壊れることもあるため、友人に相談するのは避けたいと思うケースも多々あります。

 

また、学生の方はアルバイトしている方も多いと思います。大手消費者金融会社のカードローン申し込みに関する条件は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方は申込み可能」といった内容を提示しているので、それに該当していれば学生でもカードローンの申し込み対象になり、発行することができます。

 

20歳以上の学生で、アルバイトなどの安定収入があればカードローンの申し込みが可能になります。こうした条件をきちんと確認することで、自分は対象かどうか、きちんとチェックすることができます。消費者金融会社の公式サイトに申し込み事前チェックなどリンクされているので、対象かどうか確認してみるのも良いでしょう。

消費者金融利用する学生の条件は?

手

 

学生も親の仕送りのみで生活している方、自宅から通っている学生でアルバイトしていない方など、仕事をしていない場合は消費者金融のカードローンの申し込み対象外になります。

 

お金を借り入れした後は、返済もきちんと行っていく必要があるため、返済能力があるかどうか、その点を審査の際には確認されます。偽った情報を提供すると審査に通らないこともあり、審査時間もかかりますし、時間の無駄になることもあります。きちんと正しい情報を提供することで、短時間の審査が可能になり、信用情報をもとに審査を行うのでスムーズな流れで手続きができるようになります。

 

学生で月1回以上のアルバイトなど、収入があれば問題ないので、定期的な収入があることが条件になります。それによって、融資限度額なども審査があるので、自分に適したカードローンを活用することができます。いざ、お金が必要なった時、カードローンがすぐ利用できると便利なので手続きしておくと、後々よいでしょう。

カードローンの申し込みは簡単にできる?

女性

 

消費者金融のカードローンを利用したいけど、手続きが面倒で自宅へ郵送物などあるようであれば、利用したくないなと考える方も多いです。スマホやパソコンを使ってすぐカードローンの申し込みができます。その際には本人確認の書類として運転免許証の提出など行います。

 

カメラアプリで撮影し、ウェブサイトへ添付して提出するなど、上手に活用することができます。他の貸金業者からの借り入れがあるかどうか、その点も詳しく記載する必要があります。他にあるようでしたら正しく記載すべきです。勤務先の在籍確認、学生の場合はアルバイト先を記入しておくことも重要になります。郵送物などは、あらかじめ不要として伝えておくと、消費者金融の方で考慮してくれます。

 

自動契約機にて、カードを受け取ることもできるので、上手にサービスを活用することで家族に内緒でカードローンの申し込みができますし、お金の借り入れと返済ができるようになるので計画的にお金を使うことができるようになります。

学生は消費者金融の審査に落ちることはあるの?

男性

 

学生の場合、やはり急にお金が必要になった時、カードローンの申し込みをした後、審査はスムーズに通ったかどうか、落ちることはあるのか、心配になるケースも多いです。審査に通らないケースとして、偽った情報を提供していると信用情報をもとに審査を行うため、全てバレてしまいますし、スムーズな手続きができずに審査に通らないこともあります。

 

貸金業者から複数、すでに借り入れがある場合・2ヶ月以上の長期延滞をしたことがある方など、厳しい結果になることがあります。借り入れした後には、きちんと返済していくことが大きな条件になるため、返済に滞った経歴がある方は、審査結果は思わしくないこともあります。

 

こうした今までの情報をきちんと申し込みの際には、記述して提出することで、スムーズに審査が行われます。学生の融資利用限度額は、10万円・30万円・50万円のいずれかになっているので、ご自身の希望や収入によって利用限度額は審査が行われます。

 

これは、年収によって審査されるためアルバイト先などは、きちんと明記しておく必要があります。正しい情報を記載することで、スピーディに審査も行われます。

まとめ

お金が急に必要なった場合、学生もすぐ消費者金融のカードローン申し込みができます。カードローンが利用できると、すぐに必要なお金を借り入れすることができますし、収入によって融資利用限度額も決まるので、その範囲内であれば借り入れすることができます。

 

借り入れ後には返済も必要になるので、きちんと計画的にお金を利用することが大切になります。借り入れと返済のバランスを上手に保つことで、学生生活もイキイキと過ごすことが可能になります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿