アルバイトで生計を立てるフリーターが消費者金融からお金を借りることについて

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

アルバイトで生計を立てるフリーターが消費者金融からお金を借りることについて

読了までの目安時間:約 6分

消費者金融からお金を借りたいとき、注意しなければいけないのは職業のことです。職業で借りられる借りられないが即時判断されるわけではないですが、審査で参考にされるのは間違いないです。では、アルバイトを主とするフリーターはどうなのでしょうか?消費者金融におけるアルバイトやフリーターの扱いについて検討していきます。

アルバイトで消費者金融からお金を借りられるのか

女性

 

正社員ではないアルバイトが消費者金融からお金を借りるのは、一見難しそうに思えてしまいます。正社員と比べればアルバイトは収入がどうしても低くなりがちですし、審査を通らないのではないかと不安になったとしても無理ありません。そのため、アルバイトの場合は消費者金融からお金を借りられないと最初から決めつけ、諦めてしまう人も多いはずです。しかし、アルバイトだからといって最初から借りられないと決めつけてしまうのは、やや判断を急ぎ過ぎているといわざるをえません。

 

なぜなら、たとえアルバイトでも、消費者金融でお金を借りることは可能だからです。消費者金融がお金を貸すときに審査の基準にしているのは、安定継続収入です。今はアルバイトでも安定継続収入は十分実現可能ですので、アルバイトだからといって審査が通らないわけではありません。たとえアルバイトでも、一定の審査基準を満たしてさえいれば、お金を借りることはできます。つまり、アルバイトでも消費者金融からお金を借りられないと決まっているわけではないのです。

アルバイトで生計を立てるフリーターはどうなのか

お金

 

アルバイトで生計を立てる人のことを一般的にフリーターといいますが、フリーターは消費者金融でお金を借りることができるのでしょうか?上記の項目でアルバイトでもお金を借りられるケースがあるとしましたが、これには条件があります。

 

それはしっかりと働いていて収入を確保できるということが確認できた場合です。もちろん消費者金融ごとに細かい審査基準の違いはあるでしょうが、審査について大まかに判断されるのはその点です。消費者金融はお金を貸すとき何より返済能力を重視しますので、その返済能力が十分でないとお金を貸してもらえません。

 

たとえば、週5日勤務でフルタイムびっしり働いているような正真正銘のフリーターなら、消費者金融からお金を貸してもらえる可能性は高くなります。それは、返済能力があると判断されやすいからです。融資希望額にもよりますが、フリーターだからといって無条件で断られたりはしないはずです。つまり、フリーターでも返済能力があると判断されれば、消費者金融からお金を貸してもらえます。

アルバイトやフリーターが注意したい点

女性

 

アルバイトやフリーターがお金を借りたいとき注意したい点は、高額の融資希望だと厳しくなってしまうという点です。消費者金融では50万円以上の融資となると慎重になるケースが多く、収入証明証の用意がないと借りられなかったりします。そして、アルバイトやフリーターでは収入がどうしても限られてきてしまいますので、そうなると高額の融資を受けることは厳しいということは念頭に置いておいたほうが良いです。また、たとえそうではなくても注意したい点があります。

 

それは、在籍確認についてです。消費者金融によっては勤務先に本当にその人がいるのかどうか、在籍確認の連絡をすることがあります。ですから、適当な情報を消費者金融に伝えてしまうのは、デメリットこそあれメリットはまったくありません。しっかりと働いているならそのことに自信を持ち、正確な情報を伝えるようにしたほうが公正な審査をしてもらえます。ですから、勤務先の情報等も含め、正確に伝えるようにすることが融資を受けるために注意したい点です。

 返済できる範囲でお金を借りることが大切

カレンダー

 

アルバイトをメインに仕事をするフリーターは、正社員と比べて収入がどうしても不安定になりがちです。だからこそ消費者金融から安心できるだけのお金をついつい借りたくなってしまいますが、借りたお金はもちろん返す義務があります。

 

それを考慮するなら返済能力ギリギリの目一杯までお金を借りるのは決して褒められたやり方ではなく、アルバイトの収入でも確実に返済できる範囲でお金を借りるようにしないといけないです。

 

そのためにはいつになったらどれぐらいの収入があるのかをきちんと管理し、あまり無理のない範囲で消費者金融からお金を借りることを第一に考えるべきです。消費者金融からお金を借りることができれば、お金の余裕が一時的に生まれます。ですがそれはいずれ利息をつけて返済しなければいけないものですので、その点を忘れないようにし、無理なく借りることが返済で苦労をしないための考え方です。この考え方を忘れなければ、消費者金融のサービスを有効活用することができます。

まとめ

アルバイト生活をしているフリーターはどうしてもお金の悩みに直面しやすいですが、そんなときは消費者金融を頼るのも手段の一つです。安易な気持ちで頼り過ぎるのは良くないですが、アルバイトがメインのフリーターでも借りられる場合があります。ですので、まずは返済のことを第一に考え、無理のない範囲で計画的に借りるようにすれば安心です。


おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿