消費者金融での審査について

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融での審査について

消費者金融でキャッシングをしてお金を調達したい…という方も多いのではないでしょうか。しかし、消費者金融での借り入れをするためには、審査にとおる必要があります。そこで、消費者金融での借り入れの審査で必要なことはどういったことなのでしょうか。審査について詳しくみていきましょう。

安定した収入が必要

男性

 

消費者金融での審査ですが、安定した収入が必要となります。審査に落ちてしまう理由として、安定した収入がないという理由で、審査にとおらないことはとても多いです。

 

しかし、銀行のカードローンなどの年収の制限がありますが、消費者金融での借り入れの場合には、年収制限がありません。このため、非正規雇用の方、自営業者などでも借り入れは可能ですし、また、パート、アルバイトなどでも借り入れをすることが出来るのが特徴です。しかし、場合によっては、消費者金融でも、安定した収入がなければ審査に落ちてしまうことはあります。

 

たとえば、定職に就かずに転職を繰り返していたり、無職などの場合には借り入れをすることが出来ません。また、反社会的な団体の関係者などは審査ではとおりません。さらに、水商売や、風俗業、作家や、芸能人などといった、収入の増減が著しい職業の場合にも審査には通らないことがほとんどです。

 

また、正社員として働いて居たとしても、勤続年数などが短ければ、審査に落とされてしまいます。しかし、こちらの収入の安定についてですが、各業者によってその基準というものが異なります。これらの条件は業者によって違いますので、まずは申し込みの際に、ホームページでチェックすることが出来る、仮審査などを受けてみることがおすすめです。

申込時に虚偽の報告をする

女性

 

各社共通でキャッシングの審査に通らないのが、申込時に嘘の報告をした場合です。申し込みの時に、名前の読みを偽ったり、他人の名義で申し込みをしたり、また本人確認書類などを偽造したりした場合には、審査に落ちてしまうことに繋がります。

 

また、これらは虚偽の報告ではなく、間違えてしまった場合にも、審査に落とされてしまうケースが少なくありません。消費者金融での審査では、その人が信頼できる人物であるかどうかもチェックされています。このため、最初の申し込みの際には、間違えないように、必ず正確に記載するということがとても大切となります。

他社での借り入れが多いと落ちてしまう

バツマーク

 

消費者金融での審査では、他社での借り入れが多ければ、落ちてしまうことが多くなります。他社での借り入れがあれば、それだけで落ちてしまうということはそれほどありません。

 

しかし、借り入れが多ければ多いほど審査では不利になってしまうといえるでしょう。大体3~5件ほどの他社での借り入れがあれば、審査に落ちてしまうといわれています。これらの基準に関しては、消費者金融での基準がそれぞれ異なりますが、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。また、金融事故情報などがデータとして残っているという場合には確実に審査に落ちてしまいます。

 

たとえば、これには長期延滞や債務整理などがあります。これらのデータなどは情報が登録されてしまえば、数年間は消えないことになります。このため、これらがデータとして残っている場合には、借り入れをすることが出来ません。他社で多くの借り入れがあり、また金融事故を起こしたことがあるという方は気をつける必要があります。

 

また、過去の返済を踏み倒していたり、一定期間延滞をしていたりした場合にも、審査にとおらないことがほとんどですし、また過去に自力で返済をすることが出来ず、家族など、別の人に返済をしてもらったなど、過去の利用に問題があった場合にも、審査に落ちてしまうことがほとんどですので、気をつけるようにしましょう。

在籍確認が出来ない場合

男性

 

キャッシングの審査が一通り終わっても、その後その会社にきちんと在籍しているのかどうかということを確認するために、在籍確認が行われます。これらの在籍確認が出来ないという場合には、審査にとおらなくなってしまいますので、注意が必要となります。

 

在籍確認には二つの種類があり、キャッシング会社が直接勤務先に電話確認をするという方法、そして書類などで在籍確認をするという方法の二つがあります。しかし、原則としてこれらの在籍確認が出来なければ、審査には通らなくなります。他の審査で問題がなかったとしても、在籍確認次第では審査で落とされてしまう可能性がありますので、注意が必要となります。

まとめ

消費者金融での審査ではどういった点をチェックされているのか気になる…という方もいます。審査では、このように、安定した収入があるか、そして他社での借り入れ状況などをチェックされています。また虚偽の情報などを報告してしまった場合や、在籍確認が出来ない場合にも、審査にとおらなくなってしまいますので、十分に気をつけるようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿