消費者金融に時効はあるのか?

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融に時効はあるのか?

お金を借りたら返済するのが当たり前ですよね?お金を借りると言えばやはり消費者金融会社です、消費者金融会社からお金を借りて返済しないとどうなるのか、借り入れに時効はあるのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?消費者金融に時効があるのか?時効があるならどれくらいなのでしょう?

消費者金融の時効の期間

男性

 

そもそも消費者金融からの融資に適用されるのは商法という法律です。その商法には実は債権に対する期限が明記されていて、その期間は5年です。債権は5年で行使しないと時効となり消滅するとなっています。貸主が信用金庫や個人の場合はさらに時効期間は長くなり、10年が必要となります。

 

とはいっても5年間も返済しないでいられるわけはありませんので、簡単に返済を踏み倒せるなんていう甘いものではないということは間違いありません。消費者金融からお金を借りようとしている方や、すでに借りている方などはこういったことも知っておいて損はないでしょう。

 

消費者金融で借りたまま返済しない場合、時効期間がありますがそれには条件があります。事項を成立させるには、最後に返済した日から起算して5年間ということになります。借りた日から5年ではないということです。毎月返済を続けているのであれば、毎月返済するたびにリセットされるといわけです。

時効成立の条件

男性

 

時効成立には借りた日から5年ではなく最後に返済した日から5年経過しないとなりません。そう考えると消費者金融会社からお金を借りて、一度も返済しないで5年経過するなんていうことは夜逃げでもしない限り不可能ということです。個人の貸主さんなどであればもしかしたらありうるため、時効期間が10年と長期になっているわけです。

 

とはいっても消費者金融会社などの貸主側にも時効にならないようにする手段があります。それが時効の中断です。時効の中断とは債権者側の消費者金融会社から、内容証明郵便の催促状を送ることや裁判所に訴えて、差押えや仮差押といった法的手続きが行われることを意味します。

 

こういったことを時効の中断になり、実施されると時効が中断されるというわけです。貸した側からすれば当然こういったことをやってくるわけです。そうでもしなければ貸し損になってしまいますので当たり前といえば当たり前です。どうしても返済が滞る状況になったら、やはり債務整理で綺麗に借金を返済するしかないでしょう。

返済が難しい場合

お金

 

消費者金融会社からお金を借りた場合時効期間があると言いましたが時効の成立は極めて難しいといえます。借金の返済が行われない時点で消費者金融会社から電話や督促、催促状が当然送られてきます。

 

それを無視していても最終的には裁判所からの通知が届きますので、最後には法的に罰せられることになります。消費者金融会社からお金を借りて返済がどうしても難しいという場合は、やはりまずは事前に消費者金融会社に連絡して相談することです。

 

返済が遅れることを前もって伝えることで、消費者金融会社から督促や催促の電話もきませんので、まずは連絡することが大事です。毎月返済が遅れているという方も多いかと思いますが、その場合は消費者金融会社からの心象も悪くなり、ブラックリストに入ってしまう可能性もありますので気をつけましょう。

 

余談ですが、返済が遅れることでブラックリストに載ると、別の借入れ時に審査で落ちるケースもありますので気をつけましょう。

おすすめの消費者金融会社

女性

 

大手銀行などがバックアップしている大手消費者金融であれば、ほとんど安心してお金を借りることができます。テレビのコマーシャルでよく見る消費者金融会社さんならどれもおすすめできます。

 

消費者金融会社を選ぶ基準は金利よりも使い勝手ではないでしょうか。最近ではどの消費者金融会社も金利は同じようなものです。そうなると審査が早かったり即日借りることができる、返済しやすいといったような利便性で選ぶことになります。

 

プロミスなどの大手消費者金融では、インターネットだけで全ての取引を完結することができます。スマホひとつで借りたり返したりが可能なのは嬉しいですね。初めて利用される方には30日間無利息で貸してくれるところもありますので、短期間でお金が必要になった場合など無利息で利用する方法もあります。消費者金融などでお金が必要になるのは急な場合が多いです。

 

そんな時にすぐに利用するためには、消費者金融会社のローンカードを発行して財布に入れおくのがいいでしょう。いくら即日融資と言っていても、時間によっては即日は無理な場合も巣気宇なくありません。

まとめ

いずれにしても借りたお金は返すのが当然です。最初から計画的な利用を考えることが大事なことです。利用する側も債権者側も気持ちよくお金の貸し借りができることが一番です、無計画にいろいろな消費者金融から多重債務などをしてしまうと、自分で返済することも難しくなってきます。毎月返済ばかり気にしていると気分的にも暗くなります。消費者金融を利用するなら返済計画を立ててからにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿