即日審査・即日融資で借り入れができる大手から中小消費者金融は当サイトから見つかる!利用するうえでの注意点など様々な疑問も解決!

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融で保証人は必要なの?

急にお金が必要になってしまった…ということで消費者金融でのキャッシングを検討しているという方もいらっしゃると思います。しかし、気になるのが、消費者金融でキャッシングをする際に、「保証人」が必要かどうかということです。特に借り入れが初めての場合には、こういったことが分からない方も多いです。そこで、消費者金融でのキャッシングの際に、保証人がいるのかどうか、詳しい仕組みなどについてご紹介をしたいと思います。

消費者金融では基本的に保証人は必要がない

男性

 

消費者金融で借り入れをしたいけれど、保証人が必要なのかどうかと不安に思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、消費者金融では、保証人が必要ありません。つまり、保証人無しでもキャッシングをすることが可能となっています。

 

そもそも消費者金融というものは、個人を対象にした貸金業者であり、さらに、小口の融資を、無担保で貸し付けるといった業態を指しているのです。このため、審査なども比較的緩くて借りやすく、保証人、担保を必要としません。また、お金が必要な時には、即日で小口の融資を、スピーディーに受けることが出来るというのが消費者金融の特徴となっています。

 

しかし、消費者金融はこのように借り入れが容易い反面、利息などが高くなっているという特徴があります。銀行などでの融資と比較すると金利が高くなっています。しかし、貸金業法が改正されたこともあり、上限金利を超えた貸付をすることが出来なくなりました。

 

つまり、消費者金融での借り入れですが、以前と比較すると、金利は高めではありますが、違法に高い金利を支払う必要が無くなっていますので、借りやすく、使いやすくなっているのが特徴です。

保証人は必要がないけれど、連帯保証人は?

女性

 

消費者金融でのキャッシングですが、このように、保証人は必要がありません。しかし、連帯保証人というものとはどのように違うのか分からない方も多いです。

 

こちらの保証人と連帯保証人は全く違う意味を持つものになります。連帯保証人というものは、借りた本人と同じように、借金に対して責任を負わなければならないという点で、大きく異なります。支払い能力があろうとなかろうと、返済の請求があれば、連帯保証人も、支払いの義務が生じてしまいます。

 

連帯保証人は、借主と同じように、借金を背負っているのと同じ状態になってしまいますので、連帯保証人になることなどを求められても、注意をすることが必要となります。

保証人が必要なキャッシングとは?

お金とグラフ

 

このように消費者金融でのキャッシングをする場合、保証人は必要がありません。しかし、保証人が必要な借り入れも存在します。それはたとえば、住宅ローンなどといった、大口のローンを組む際です。

 

消費者金融は、基本は小口での貸付になりますので、保証人が必要ではありませんが、大口のローンを組む際には、保証人を立てる必要が生じてきます。この場合、借りた人が万が一、返済できなくなった場合には、保証人に返済の請求が来ることになります。しかし、基本的に、借りた本人に財産がある場合、返済できる余地がある場合には、借りた本人に返済をさせることが主張できます。

 

このため、連帯保証人と保証人は全く別の性格を持っているといえるでしょう。

賢く使えばとてもお得な消費者金融

男性

 

このように、消費者金融は、個人に対する信用などを元にして、なるべく簡単な手続き、そして審査なども簡単で、保証人無しでキャッシングが出来るというのが大きなメリットとなっています。

 

実は法律が改正される以前は、消費者金融でも保証人が必要なケースがありました。しかし、債務者や保証人の間でトラブルになってしまうケースも多く、保証人が必要であることから、消費者金融は敷居が高いものとして、嫌煙されてきました。このため、今は保証人制度というものは過去のものとなり、保証人不要というケースがほとんどとなっています。

 

さらに現在では、不況という事からも保証人になってくれる人がいなかったり、そもそも、保証人自体がお金を持っていなかったりと、保証人制度が成り立たなくなっているというのが現状なのです。保証人制度が無くなり消費者金融はとても利用しやすくなりました。その結果、利用者も増えています。消費者金融で保証人が必要になるケースはビジネスローンなどの高額なローンのみとなっています。

 

しかし、簡単に借り入れができるからといって、数社から借り入れを繰り返して、多重債務に陥ってしまうということは避けなければなりません。不要な借り入れは避けて、小口の借り入れのみを必要な時だけ、ピンポイントで行うというのが消費者金融の賢い借り入れの方法となります。

まとめ

このように、消費者金融でのキャッシングでは、保証人というものは必要がありません。今では簡単な手続きで、借り入れなどもスムーズにできるようになり、便利に利用が出来るのです。

消費者金融の利用が初めての人に知ってもらいたい4つのポイント

初めて消費者金融を利用する時には分からないことも多いと思います。そこで、利用の前に是非知っておきたいポイントを4つ紹介していきます。これらさえ覚えておけば、初めてでも安心して利用できること間違いなしです!

 

申込みはネットか自動契約機が便利です

 

ひらめきマーク

 

消費者金融に申込みを行うにはいくつかの方法があります。まずは有人店舗の窓口から直接申込みを行う方法で、次に無人店舗内に設置されている自動契約機を利用する方法、その他にもネットや電話を利用した申込み、更に郵送などでも申込みを受け付けていますが、おすすめなのはネットか自動契約機の利用です。

 

ネットを利用すると、24時間いつでも申込みを行うことができます。ただし、営業時間外の申込みは翌朝以降の営業時間にならないと審査が行われないので、いつ申込みをしてもすぐに審査結果が出るという訳ではありません。このネットからの申込みでは、基本的に審査結果の連絡を受けた後に銀行振込によって借りることになるので、すぐに借りたい時には平日の午前中、またはその前から申込んでおく必要があります。

 

自動契約機からの申込みは営業時間内に限られますが、その場で待っていればそのまま審査結果が出て、合格すればすぐにカードの発行が受けられます。自動契約機は休日でも営業しているので、ともかく急ぎの場合にはこの方法が一番です。

最初から借りられる金額は?

クエッションマーク

 

消費者金融では融資金額の上限が300万円や500万円となっていたとしても、初めて利用する人に対していきなり高額を貸すことはまずありません。それは、これまでにキャッシングを利用したことがない人は、きちんと返済してくれるか分からないからです。

 

初めての利用の場合は多くても50万円までということが多く、もっと多く借りる為には毎月の返済をきちんと行って、実績を積んでいくことが大切になります。もちろん総量規制という収入による融資制限があるので、いくら実績を積んでも年収の1/3が消費者金融から借りられる上限になりますが、初回からいきなりそこまでは借りられる訳ではないということです。

 

多くの消費者金融では、初回は年収によって30万円、または50万円が借りることができる上限だと考えてください。審査は希望金額が多くなるほど厳しくなるので、それほど多くの金額まで必要ない場合はできるだけ低い希望金額で申込みを行って、まずは審査に合格することを第一に考えてください。特に30万円までなら年収が200万円もあれば普通に合格できるでしょう。

ローンを抱えていても問題ない?

お金と電卓

 

他社で直接お金こそ借りていなくても、車のローンや住宅ローンなどの大きなローンを抱えていると多少なりとも消費者金融の審査に影響することは避けられません。ただし、そのようなローンは直に総量規制などに関わってくる訳ではないので、例えかなりの高額のローン中でも特に気にせずに申込みを行って構いません。

 

ここでの注意点は、少しでも印象を良くしようと申込みの際にウソを書いてしまうことです。ローンについての質問があれば、正直にそのままを書きましょう。消費者金融ではその人の他社のキャッシングの利用だけでなく、ローンについても信用情報を調べれば全部分かるのです。

 

その為、申込み内容にウソがあると、それだけでこの人は信用できないと判断されてしまい、本来は合格できたはずの審査にも落とされてしまいかねません。また、このローンについてもそうですが、その他の質問に対しても決してウソは書かず、全部正直に回答しましょう。もし後からウソが発覚すると、契約違反行為に該当してしまい、すぐに全額を返済するようなことにもなってしまいます。

人にはバレたくないけど大丈夫?

男性

 

消費者金融の利用はできれば誰にも知られたくないと考える人も多いと思いますが、特に大手ではこの点で色々対策を行っているので安心してください。例えば審査時の職場への在籍確認の電話も決して消費者金融名は名乗らず、個人名で掛かってきます。また、自宅への郵便物も希望によって一切ストップしてもらえるので、同居の家族に消費者金融名の入った封書などを見られてしまう心配もありません。

 

1つだけ問題なのは、キャッシングに利用するカードの受け取りです。これに関しては申込み時に自動契約機から受け取りたいと希望することで、審査に合格したという連絡を受けた後にその会社の自動契約機を利用すればいつでもその場で発行することができます。自宅に届いては困る場合にはこの方法で受け取ってください。

 

どうしても自動契約機が利用できない場合でも、このカードは消費者金融名ではなく別の名前から送られてくるので、中身を見られない限りはその封書に消費者金融のカードが入っているとは分かりません。実例ではプロミスでは「事務センター」、アコムでは「ACサービスセンター」という名前になり、それを知らない限りは消費者金融からの封書だと気付かれることはないでしょう。

まとめ

「安心して申込みを行ってください」このように、消費者金融の利用は決して難しくないので、何も心配せずに安心して申込んでください。初めての利用では多くても50万円までだということさえ覚えておけば基本的に何も心配ありません。大手の消費者金融ではその日のうちに借りられることも多いので、すぐにお金が必要になった時にはとても頼りになる存在だと言っていいでしょう。

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿