即日審査・即日融資で借り入れができる大手から中小消費者金融は当サイトから見つかる!利用するうえでの注意点など様々な疑問も解決!

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!

おすすめの消費者金融

消費者金融でキャッシングをする4つのメリット

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されていて高金利と言われています。借り入れをすると加算される利息も多くなるので返済する時に負担がかかってしまいます。しかし消費者金融でキャッシングをするとメリットになる点も多いので見ていく事にしましょう。

即日融資を受ける事が出来る

女性

 

キャッシングをする時は消費者金融の他に銀行カードローンを利用するという選択肢もあります。銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているのがメリットですが、審査が厳しくて結果が出るまで数日かかってしまう事が多いです。それで借り入れする事が出来るのも申し込みをしてから3日以上かかってしまう事もあるので即日融資を受けるのはなかなか難しいです。

 

しかし、消費者金融は審査が即日回答されるので可決されると、契約をして即日融資を受ける事が出来ます。キャッシングをする時は、金欠の状態になっている事が多いので、即日融資を受ける事が出来ればすごく助かるのでメリットになります。

 

しかし申し込みをする時に、審査で問題が発生したりすると融資可能になるまでの時間が遅くなってしまいます。それで申し込みする時間によっては、融資を受けられるのが翌日以降になってしまう可能性もあるので、即日融資を受ける時は審査に問題が発生しないように注意して、申し込みをするようにしましょう。

来店不要でキャッシングをする事が出来る

電卓とお金

 

銀行カードローンにキャッシングの申し込みをする時もネットで出来ますが、契約するまでの過程で来店しなければいけない事がよくあります。住んでいる場所の近くに銀行があればそれほど影響しませんが、ないと出向くのに時間がかかってしまい契約が完了するのも遅くなってしまいます。

 

キャッシングをする時はなるべく早い方がいいので来店しなければいけないのは不都合になってしまう事が多いです。しかし消費者金融はネットで申し込みをするとWEB完結ですべての手続きをする事が出来ます。本人確認書類もスマホのアプリでアップロードして提出する事が出来るので来店する必要がなくなります。住んでいる場所の近くに消費者金融の店舗や自動契約機が設置されていなくてもすぐお金を借りる事が出来ます。

 

しかしホームページで申し込みをする時に、個人情報や勤務先情報など入力ミスをしてしまうと、審査で問題が発生して融資可能になるのが遅くなってしまいます。即日融資を受ける時は入力ミスがないように申し込むようにしましょう。

家族や友人に内緒でキャッシングをする事が出来る

男性

 

銀行カードローンにキャッシングの申し込みをすると、契約完了後にカードが発行されます。それで発行されたカードを自分で管理しなければいけないので、持ち歩いている時に家族や友人に見られてしまう可能性があります。また、キャッシングをした後に利用明細書が自宅に郵送されてきて、家族に見られてしまう可能性もあります。銀行カードローンでキャッシングをすると、このように家族や友人にバレるリスクが高いので不安だという人も多いです。

 

しかし消費者金融はWEB完結で申込手続きをすると、借入方法が振込キャッシングになるのでカード発行が不要になります。また利用明細書もWEB明細になるので自宅に郵送されてくる事がなくなります。

 

カードや利用明細書を家族や友人に見られるリスクもなくなるので、安心してキャッシングをする事が出来ます。家族や友人に内緒でキャッシングをする事が出来るのも、消費者金融のメリットになります。しかし、返済期日までに返済する事が出来なくて滞納をしてしまうと、自宅に電話がかかってきて家族にバレる可能性もあるので注意が必要です。

借り過ぎを防ぐ事が出来る

男性

銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので、限度額の範囲内であれば年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ます。しかし、年収の3分の1以上の借り入れをしてしまうと、負担が大きくなるので返済が困難になってしまう可能性があります。返済が困難になって完済するのが難しくなると、債務整理をしなければいけなくなります。

 

債務整理をすると信用情報に履歴が残ってしまうので、住宅ローンや車のローンを組む時の審査が通らなくなってしまいます。しかし、消費者金融は総量規制の対象になっているので、年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来なくなっています。借り入れする時は、必ず年収の3分の1以下になるので借り過ぎを防いでくれるのも、消費者金融でキャッシングをするメリットになります。しかし、金利が高く設定されているので、早めに返済する事は忘れてはいけません。

まとめ

消費者金融はデメリットになる部分の方が目立ってしまう印象がありますが、実際にキャッシングをしてみるとこのようにメリットになる部分も多いです。特にアコム、プロミス、モビット、アイフルなど大手の消費者金融はサービス面も充実していて安心してキャッシングをする事が出来ます。金欠の状態になってすぐにお金が必要になった時は銀行カードローンではなく消費者金融でキャッシングをしてみるといいでしょう。

クレジット現金化と消費者金融の違いについて

消費者金融は昔からあるので、誰でも知っていると思うのですが、最近クレジット現金化という言葉が話題になっていますね。どちらにも共通するのがお金を借りるということです。ただ、消費者金融に借りるのか、クレジットカードを現金化してお金を借りるのかの違いです。では、この2つにどのような違いがあるか紹介したいと思います。

クレジット現金化とは?

カード

 

クレジットカードには必ず「ショッピング枠」というものがあります。これは、ショッピングで利用できる限度額のことで、その範囲内ならクレジットカードを使って物を買うことが出来ます。そして、このショッピング枠を現金化してお金を借りるというシステムがクレジット現金化です。

 

ですが、例えばショッピング枠が50万円あったとしても、そのまま50万円すべてがかりられるわけではないので注意が必要です。そして、現金化には2つのやり方があるので説明します。

 

まずは、キャッシュバック方式というものがあるので説明します。これは、ショッピング枠の現金化を申し込んだ業者からある品物を購入するように指示されて、そして、支持された品物をクレジットカード決済するというやり方です。

 

そして、業者がクレジットカード決済を確認したらお金が自分の口座に振り込まれることになるというシステムです。そして、クレジットカード現金化のもう一つのやり方は買い取り方式という方法です。これは、業者から指定された品物を購入するというところまでは同じなのですが、その後は購入した品物を業者が買い取ってくれることで現金が手に入るという仕組みになっています。

消費者金融の仕組みとは?

女性

 

そして、消費者金融とクレジット現金化はまったく別のものになるので、説明します。消費者金融はまず貸金業として国に届け出をだしており、もちろん国からの許可を得ています。もちろん国からの許可はそんな簡単に降りるものではなくてたくさんの審査をクリアしたところだけが許可を得ることが出来ます。また、消費者金融は銀行と違い口座を開設するということはありません。

 

そして、消費者金融はお客さんにお金を貸して「利息」を取ることで設けている会社です。お金を貸しても戻ってこないということにならないように、借入審査があるのが特徴です。

 

ですが、中には闇金という業者が存在するので注意が必要です。闇金とは街金の中に存在しており、名前を聞いたことがないような消費者金融だと怪しいと思ってください。反対に誰でも聞いた事があるような有名なところは闇金であることはまずないので安心してくださいね。もし、あまり聞いた事がない消費者金融をりよするときは闇金でないことを確認してから利用すると安心ですね。

クレジット現金化は違法?

カード

 

クレジットカード現金化は消費者金融のように許可がおりていないので、違法になるか不安になる人も多いのではないでしょうか。クレジット現金化は消費者金融のように審査がないので、ショッピング枠さえあれば誰でもお金を借りる事が出来ます。

 

ですが、実はクレジットカードの約款にも違法という説明があるので、合法ではない事を覚えておきましょう。もちろん最近はクレジットの現金化の業者がたくさんあるので、利用している人もたくさんいるのですが、消費者金融や銀行でお金を借りるように合法ではないので、何らかのトラブルが発生する可能性があります。

 

そのため、出来るだけ利用しない方が良いですし、万が一利用しなければいけないなら、きちんと読んでから利用するようにしてください。クレジットカード現金化の業者はどんどん増えているので利用する人が増えていっていますが、利用する人のほとんどがただ手軽だから借りるなど危険性について考えている人は少ないです。トラブルにならないように必要でなければ使わない方が無難です。

消費者金融とクレジット現金化の見分け方

女性

 

お金を借りるなら合法でお金を借りたいという人がほとんどではないでしょうか。そこで、どうやったらこの2つを見分ける事が出来るか紹介します。

 

まずは、申込みのときにきちんと審査があるかを確認しましょう。消費者金融でお金を借りるときは必ず審査があり、それに通らなければお金を借りる事が出来ません。また、しっかりとしたホームページがあったり、CMや広告に力を入れているという特徴があります。反対にクレジット現金化は違法になるので大々的に営業できないのが現実です。

 

テレビCMなどをしていないので知名度などを参考にしても良いですね。ホームページがあったとしても消費者金融のようにしっかりとしたものでないことがほとんどなのでホームページなどを確認して調べる事をおすすめします。そして、クレジット現金化はまったく審査がなく誰でも簡単に借りる事が出来るので審査がないと思ったらそれは怪しいのでやめた方が良いですね。よく調べればどちらかか必ず分かるので気をつける事をおすすめします。

まとめ

このように、クレジット現金化と消費者金融の違いについて紹介しました。普段から利用しない人は詳しい違いが分からない人が多いのではないでしょうか。お金を借りないと思っていてもいざ借りなければいけないときがあるかもしれませんね。そのときにどこで借りたら良いか迷わないようにあらかじめ違いについて知っておく事をおすすめします。そして、いざというときに慌てないようにしてくださいね。

消費者金融を利用する際のネット完結のメリット・デメリット

最近では、審査の申し込みから利用まですべてネット完結で行う事が可能となっています。その為、スマホを利用すれば、どこからでも申し込みから利用まで可能となる消費者金融。では、そんなネット完結には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それを十分に確認した上で利用しなければ、場合によっては、ネット完結を利用したことを後悔する事も起こってしまいます。

消費者金融のネット完結について

女性

 

まず、消費者金融のネット完結についてですが、ネット完結を行う場合、PC・スマホ・ケータイを使ってネットから審査申し込みをし、メールで審査結果を受け取ります。その後、手続きを進めて行くのですが、そこで必要になる本人確認書類などもスマホを利用する事で、それらの情報を送る事が可能になっています。特にアプリを利用すれば、より簡単に利用する事ができ、おすすめです。

 

無事に必要書類を確認してもらう事ができれば、本契約もネットで行う事ができ、そして、利用の開始へと移っていきます。これら一連の流れをすべてネットで行う事ができるのがネット完結と言え、多くの消費者金融では、このネット完結を行う事が可能になっています。

 

ただし、一つだけ出来ない事があります。それがカードの受け取りです。これだけは、ネットで行う事は出来ず、後日郵送してもらうほか、無人契約機や店舗などに実際に取りに行く必要があります。もちろん、すぐに融資を受けたい場合は、振り込みなどを利用する事で、カードが手元になくとも利用を開始する事は可能な為、安心です。

消費者金融をネット完結で利用するメリットとは?

女性

 

では、消費者金融をネット完結で利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。まず、最大のメリットは、24時間365日、どこからでも審査の申し込みから利用まで行う事ができる点にあります。ネット完結の場合、審査の申し込みは、いつでも可能です。

 

もちろん、夜中などに審査の申し込みを行っても、すぐに審査を行ってもらう事は出来ませんが、翌日の朝一で審査を開始してもらう事は可能になります。わざわざ、店舗に行く必要もなく、自宅や勤務先からでも手軽に申し込みを行う事ができ、時間的な余裕も生まれてくると言えます。その他、店舗で長い時間、待たされるといった事を防ぐことも可能です。

 

その他にも、実際、無人契約機などに足を運ぶ場合、誰かに見られるのではないかと不安になる事もあるのではないでしょうか。しかし、そんな不安もネット完結なら不要で、自分のスマホさえ誰にも見られる事がなければ、基本的に誰かに見られて消費者金融の利用を知られると言う事はありません。

消費者金融をネット完結で利用するデメリットとは?

女性

 

一見、メリットばかりに思えるネット完結ですが、実際、デメリットと言うものも存在します。例えば、ネット完結のみ利用する場合、カードなどの書類は自宅に郵送される事になります。その為、それを家族が手に取ってしまう事もあり、結果的にそれを機に消費者金融の利用が家族に知られてしまうと言う事もあります。

 

また、万が一、書類に不備があった場合、店舗などで申し込みを行えば、そこで指摘を受ける事もでき、スムーズに書類の作成を進めていく事が可能です。しかし、すべてネットで行うネット完結の場合は、書類に不備があった場合、それらのやりとりもネットで行う事なり、かえって書類作成に時間がかかってしまう事もあります。そのような事から、結果的に即日融資が難しくなる事も十分に考えられると言えるのです。

 

その他、ネット完結の場合、カードをその日のうちに手にする事は出来ず、銀行への振り込みを希望する事になるのですが、この場合、平日の15時までしか振り込みを行う事ができず、結果的にその日のうちに融資を受ける事ができない場合もあります。

ネット完結のデメリットをカバーする方法

ビックリマーク

 

ネット完結のデメリットにおいては、少しの工夫でカバーする事は可能です。例えば、カードが自宅に送られてくる事で家族に消費者金融の利用がバレる事を防ぐ方法として、カードや契約書の受取は店舗にするという方法があります。

 

ネットで審査の申し込みを行い、その上で審査結果が出るまでの間に無人契約機や店舗に行く事で、その後、スムーズに契約を進め、その場でカードや契約書を受け取り完了させる事が可能です。また、それが難しい場合でも、カードや契約書の郵送を局留めにする事で自宅にそれらが届けられる事を防ぐ事ができ、家族に知られる心配はありません。

 

このように少し工夫するだけでも、ネット完結のメリットを生かしながら、デメリットをカバーする事は十分に可能です。その為、家族に知られる事を心配する人の場合、このような方法を行ってみてはいかがでしょうか。そうする事で、心配することなく消費者金融の利用が可能になるかと思います。

まとめ

以上が消費者金融をネット完結で利用する際のメリット・デメリットとなります。デメリットは、ちょっとした工夫と手間でカバーする事は十分に可能です。その為、デメリットばかり気にせず、メリットを十分に発揮し、便利なネット完結で消費者金融の利用を行って欲しいと思います。ただし、いつでも審査が可能と言う事ではなく、ネット完結で審査申し込みを行ったからと言って、すぐに審査が開始されると思ってはいけません。

消費者金融でキャッシングする時に加算される利息を少なくする4つの方法

消費者金融は審査が即日回答されるので可決されれば即日融資を受ける事が出来ます。それで早くお金を借りたい時は消費者金融でキャッシングをしますが、金利が高く設定されていて利息が多く加算されてしまいます。そこで消費者金融でキャッシングする時に加算される利息が少なくするにはどのようにすればいいのか確認していきましょう。

18%以下の消費者金融を利用する

男性

 

消費者金融は大手から中小までたくさんの業者があります。大手の消費者金融は最高金利が18%で設定されていて高金利と言われていますが、中小の消費者金融は最高金利が20%で設定されている場合もあります。20%の金利でお金を借りていると加算される利息も多くなり返済が困難になってしまう可能性が高いです。返済が困難になると債務整理をしなければいけない状況になります。

 

債務整理をしてしまうと信用情報に金融事故を起こしたという履歴が残ってしまい今後キャッシングをする事が出来なくなってしまいます。消費者金融でキャッシングをする時に加算される利息を少なくする時は最高金利が18%以下で設定されている業者を利用するようにしましょう。

 

最高金利が18%以下で設定されている業者は大手のアコム、プロミス、モビット、アイフルなどがあります。アコム、モビット、アイフルは最高金利が18%で設定されていますが、プロミスだけは最高金利が17.8%で設定されています。加算される利息を少なくする時はプロミスが一番オススメです。

必要最低限だけ借りる

パソコンとお金

 

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで審査の時に年収を確認して適した限度額を提示してきます。提示された限度額の範囲内なら何度でもお金を借りる事が出来ます。

 

しかし必要もないのにたくさん借りてしまうと加算される利息が多くなってしまいます。それで返済してもなかなか元本が減らずに完済する事が出来なくなります。消費者金融は振込キャッシングを利用して借り入れをする事も出来るので、便利になっている点が借り過ぎてしまう要因になっていますが、必要以上に借り過ぎてしまうと債務整理までしなければいけなくなるリスクも高くなってしまいます。

 

それで信用情報に金融事故を起こしたという履歴が残ってしまうので、加算される利息を少なくするために必要最低限だけ借りる事を徹底しましょう。また返済総額が現在どのぐらいあるのかもスマホでメモを取るなどして、常に分かるような状態にしておくようにしましょう。

なるべく早めに返済する

電卓

 

消費者金融でキャッシングをした時は、返済期日までに返済すれば特に問題ありません。業者によっては千円単位で返済する事も可能なので、自分のペースに合わせられるメリットもあります。しかし、返済期間が長引いてしまうと、利息も多く加算されてしまうので返済総額が増えてしまいます。

 

利息が加算されていく事を考えると、自分のペースに合わせ過ぎて返済するのがデメリットになってしまいます。少額の返済なので生活にゆとりが出来たと油断していると、返済総額が多くなっていたという事もあるので注意しなければいけません。加算される利息を少なくするためには、なるべく早く返済する事が大切になってきます。

 

基本的には自分のペースで返済しても構いませんが、お金に余裕がある時は多めに返済するなどして対応していきましょう。また、消費者金融のホームページには、返済シュミレーションという機能があります。返済シュミレーションを利用して、自分に一番適している返済方法を確認してみましょう。

無利息サービスを利用する

女性

 

消費者金融は金利が高く設定されているので、初めて利用する人は不安が大きくなってしまいます。それで初めて利用する人の不安が軽減されるように、消費者金融では無利息サービスを提供しています。

 

無利息サービスは初めて利用する人が適用対象となっていて、サービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。無利息サービス期間中にお金を借りるようにすれば、加算される利息も少なくする事が出来ます。また無利息サービス中に完済してしまえば、無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。初めて消費者金融を利用する時は、必ず無利息サービスを利用しましょう。

 

無利息サービスを提供している消費者金融はアコムやプロミスがありますが、アコムは返済期日を35日ごとに設定する、プロミスはメールアドレスの登録とWEB明細を選択するなど適用条件があります。適用条件に該当していないと初めて利用する時でも、適用外になってしまうので無利息サービスが適用されるために、条件に該当するように申し込みの時に忘れないようにしましょう。

 

消費者金融でキャッシングする時に、加算される利息を少なくする方法はこのようにあります。加算される利息が少なくなると、返済する時の負担も軽減されてスムーズに完済する事が出来ます。返済が困難になるリスクや債務整理をしなければいけなくなるリスクも回避する事が出来るので、消費者金融でキャッシングをする時は、加算される利息を少なくする事を意識しましょう。

属性の低い方は審査甘い消費者金融へ申し込み

生活費や冠婚葬祭、税金などお金に困った時に便利なのが消費者金融です。消費者金融ではスピード審査、スピード融資をウリにしているため、急ぎで借りたい時に便利です。そんな消費者金融に申し込みした後には審査が実施されます。この審査は消費者金融によって基準が異なります。審査厳しい消費者金融もあれば、審査甘い消費者金融もあります。

属性をスコアリング化して審査している

パソコンとグラフ

 

消費者金融に申し込みする際に必要なのが、属性の申告です。年齢や職業、雇用形態、勤続年数、保険の種類、居住形態、家族構成など様々な属性があります。インターネットで申し込みする場合は属性を入力する、または選択するという方法で申告します。

 

正直に属性を申告しないと正しい審査ができなくなるために注意して下さい。消費者金融の多くでこれらの属性をスコアリング化して審査しています。一つ一つの属性に点数を付けて、その合計を出す仕組みになっています。消費者金融では顧客データを保有しています。スコアリングの結果を顧客データに照らし合わせるとリスクの少ない顧客、リスクの高い顧客が分かりやすくなります。

 

このスコアリング化は担当者ではなく、コンピューターが行う事が多くなっています。担当者が行うよりコンピューターで行う方がスピーディーです。そのために審査スピードが速くなっています。保有している顧客データは消費者金融によって異なります。そのため消費者金融によって審査基準が異なる理由の一つとなっています。

大手より中堅の方が審査甘い傾向あり

男性

 

初めて消費者金融に申し込みする方の多くで大手を選ぶ傾向があります。大手は名前が知られているため、安心感があるという点が選ばれる大きな理由となっています。大手の審査に落ちてしまった方は中堅消費者金融に申し込みする事が多いです。

 

大手と中堅では顧客層が異なるため、中堅の方が審査甘い傾向があるのです。大手中堅関わらず、消費者金融は総量規制の対象です。総量規制では貸金業者からの借入総額は原則年収3分の1を超えられないと定めています。150万円の年収がある場合は3分の1である50万円までに借入金額が抑えられます。他社から借入があるとさらに借入金額が少なくなります。

 

収入ゼロの専業主婦の方の場合、総量規制にて消費者金融から借りるのが難しくなりました。総量規制には配偶者貸付があり、配偶者の方と合算すれば年収3分の1までで借入ができます。しかし配偶者貸付は行わない大手が多くなっています。そんな時でも中堅なら配偶者貸付を行うところがあるため、専業主婦の方でも借入しやすくなっています。

金融事故を起こした方は審査厳しくなる

男女

 

消費者金融の審査では申し込みする本人の信用を重要視しています。申し込みがあると加盟している信用情報機関に照会をかけて、個人の信用情報を参照しています。この信用情報には過去に利用したレジットやローンの記録が残っています。約束通り返済していれば殆ど問題ありません。

 

しかし過去に金融事故を起こしたという方は審査が厳しくなります。金融事故には3か月以上などの長期延滞、代位弁済、債務整理などがあります。事故情報が削除されるまで一定期間必要です。自己破産という債務整理を行うと10年ほどは削除されません。消費者金融に申し込みしても審査に受からず、借入できないという状況になってしまいます。

 

事故情報があるとクレジットカードの入会審査にも落ちやすいです。事故情報が削除された後でも、過去に金融事故を起こした消費者金融では審査に受からない事が多いです。一部の審査が甘い中堅消費者金融の中には、事故情報があっても審査に受かったという口コミが見られます。しかし必ず審査に受かるという保証はありません。

闇金でないか確認する事が重要

ひらめきマーク

 

事故情報があっても借入できるという審査が甘い貸金業者の中には闇金が潜んでいる事があります。利息制限法では借入金額によって15%から20%までの上限金利を定めています。正当な貸金業者であれば利息制限法を守って貸付を行っています。

 

しかし闇金ではトイチやトサン、トゴなど上限金利を大幅に超える金利で貸付を行っています。複利のトイチで100万円借入した場合、10日経つと10万円の利息が付きます。返済できずに20日経つと121万円もの返済が必要です。利息に利息が付き、とても返済不可能な金額まで膨らむ事があるのです。

 

返済できずに滞納すると厳しい取り立てが始まりますので、申し込みする前に闇金でないか確認する事が必要です。貸金業者のホームページにて協会員番号があるかどうか探しておきます。日本貸金業協会ではホームページで協会員検索サービスを提供しています。協会員番号を入力して検索すれば、その貸金業者が協会員であるかどうかすぐに分かります。会員権の消滅といった情報も検索できます。

 

正当な貸金業者であっても無理な借入は禁物です。返済を滞納すると一括請求が来る事があります。応じられないと最終的には強制執行がかけられる事があるのです。強制執行では給与差し押さえされる事があるため、会社に差し押さえの事実が分かってしまいます。一括請求が来た時点で異議申立が行えますが、それでも裁判へと進んでしまいます。

消費者金融の在籍確認はどんな感じ?

消費者金融を利用する際に必ず受ける必要のある審査。その中の一つに在籍確認と言うものがあります。基本的に審査は、信用情報機関で行われ、年収や勤務形態、勤続年数の他、今までのカードローンなどの利用履歴などを確認し、審査が行われます。その上で必要になってくるのが在籍確認で、本当に明記された勤務先で勤務しているのかと言う確認を行うために行われるものとなっています。

消費者金融で行われる在籍確認は、どのように行われるのか?

女性

 

在籍確認は、基本的に電話で行われるようになっています。勤務先に電話をかけ、本当にそこにその人物が働いているかと言う事を確認する事が主な内容となります。もし、利用者本人が電話に出た場合は、正直に審査の在籍確認の電話だと言う事を告げ、「そのまま、審査を進めさせて頂きます。」などと言った内容となります。

 

一方、本人ではなく他の社員が出た場合は、「○○と申しますが××さんは、いらっしゃいますか?」と言う流れで始まります。この場合、○○には、消費者金融などの金融名が入るのではなく、あくまでも、田中や鈴木などと言った個人名が入ります。

 

また、審査申し込み者が不在の場合でも「只今、席を外しています。」などと言った確実にその人が在籍している事がわかるような返答をもらう事ができた場合は、その場で在籍確認は終了となります。そのような事から必ず本人が電話に出なければいけないと言う事はありません。その為、席を外す事が多い仕事の人でも、在籍確認のために電話を気にする必要は基本的にありません。

在籍確認が勤務先にバレる事はない?

女性

 

勤務先に必ずと言っていいほど電話で行われる在籍確認。その為、万が一、自分が借金の申し込みをしている事が勤務先に知られてしまったらどうしよう?と心配する人も多いのではないでしょうか。

 

基本的に個人名で電話をするため、在籍確認であると言う事を知られる可能性は低いかと思われます。また、電話に出た社員に「どのようなご用件ですか?」と聞かれたとしても、本人以外に在籍確認の電話であると言う事を話す事はありません。

 

その他にも注意をして行っている在籍確認の電話。万が一、折り返しの電話があると困ると言う事で、電話は非通知で行うのが一般的です。中には、非通知の着信を受け付けていない勤務先もあり、そのような場合は、非通知ではなく電話をかけるものの、折り返しの電話があった場合は、サービスセンターなどと言ったように必ず消費者金融だと分からないように返答するようになっています。

 

その為、基本的に在籍確認の電話で消費者金融の利用がバレると言う事は少なくなっていると言えるかと思います。とは言っても、絶対と言うことは言えず、中には、勘の鋭い人や自分自身、消費者金融の利用経験がある人が電話に出た場合は、バレてしまうと言う事も考えられます。

在籍確認の日時の指定などは可能?

携帯

 

少しでも、勤務先に在籍確認の電話であると言う事を知られる事なく行うためには、やはり、自分が電話に出ると言う事がベストかと思います。とは言っても、いつかかってくるかわからない電話の為、一日中、電話の前に張り付くと言う事は出来ないかと思います。そう言った事から、できれば、日時指定をして欲しいと希望する人も少なくありません。

 

そう言った要望にも基本的には応じてくれる消費者金融の在籍確認。ただし、不自然な時間帯などの場合は、怪しまれ希望を聞き入れてもらうことができない事もあります。また、消費者金融の中には、日時指定を行う事で何か不都合なことがあるのではないかと怪しまれた結果、厳しい在籍確認を行うと言った場合もあるようです。

 

そのような事から、基本的に在籍確認における日時指定を行う事は可能になるものの、よほどのことがない場合は、あまり、お願いしない方が良いかも知れません。もちろん、勤務先にバレる事の方が怖いと思うような人の場合は、一度、その事を正直に伝え、日時の相談を行うと良いかと思います。

土日利用可能な消費者金融でも在籍確認ができないと利用は出来ない?

男性

 

最近では、消費者金融の中には、土日祝日でも審査が可能となっているところも少なくありません。しかし、そのような消費者金融でも、その土日に在籍確認を行う事ができなければ、審査を進める事は出来ず利用する事が難しくなってきます。もちろん、土日祝日でも勤務先が機能しており、誰かが電話に出てくれるのであれば、在籍確認を行うは可能です。

 

しかし、一般企業の場合、そう言った事も難しくなるのではないでしょうか。そんな時は、一度、電話で在籍確認のみ月曜日にしてもらうことができないか確認してみると良いかと思います。場合によっては、その他の審査をクリアする事ができれば、在籍確認は後回しにして利用する事が可能な場合もあります。

 

その他、在籍確認を電話以外で行う事も可能です。例えば、社員証、給与明細、源泉徴収票などを提示する事で在籍確認したとみなしてもらうことも可能となります。このような在籍確認は、基本的に例外となっています。その為、絶対に利用する事ができると言うわけではない為、必ず確認する事をお勧めします。

まとめ

以上が消費者金融を利用する際に避ける事ができない在籍確認についてとなります。そう心配する必要はないかと思われる在籍確認ですが、中には勤務先に消費者金融の利用がバレるきっかけになる事もあります。その為、念には念を入れてみると言った事も必要かも知れません。「念には念を入れよ」と言うことが言えるのが在籍確認だとも言えるのです。

専業主婦は、消費者金融の利用が可能?

カードローンの利用を考えた際、一番に思いつくのは、消費者金融かと思います。テレビのCMなどでもよく見かけ、意外と身近な存在にもなりつつある消費者金融。では、消費者金融は、誰でも利用する事ができるのでしょうか。収入のない専業主婦でも、夫に収入があれば利用する事ができるのではないでしょうか。今回は、その点についてお話したいと思います。

消費者金融の利用条件

女性

 

消費者金融では、各消費者金融によって、細かな規約は異なるものの大まかに決められている事があります。例えば、年齢。消費者金融を利用する際に決められている年齢は、20歳以上69歳以下となっています。その為、いくら高卒で働いている人でも、20歳にならなければ消費者金融を利用する事はできません。反対に70歳以上の人も利用する事が難しいと言えます。ただし、70歳以上の人の場合、中小の消費者金融などでは、利用が可能になっていることもあります。

 

そして、そのような年齢制限以外にも必要になるのが「安定した収入」と言うものです。消費者金融を利用する場合、安定した収入が必要となり、これをクリアしなければ利用する事は出来ません。

 

また、この安定した収入とは、正社員はもちろんのこと、パートやアルバイト、派遣社員などでも一定に基準を満たす事ができれば、安定した収入とみなされ利用する事が可能になります。ただし、これはあくまでも利用者本人の収入に対してとなります。世帯収入での審査ではない為、その点においては注意が必要です。

収入のない専業主婦の場合

女性

 

専業主婦と言う事は、一切の収入を得ていない人を指します。反対にパートなどで少しでも自分自身で収入を得ているような人の場合は、専業主婦とはならず、消費者金融を利用する事が可能になります。

 

収入のない専業主婦の場合、まず、消費者金融を利用する事はできず、消費者金融での融資はあきらめなければいけません。それは、消費者金融を利用する条件が「安定した収入がある人」となっているほか、総量規制に引っかかる為となります。

 

総量規制とは、「年収の1/3以上の借り入れができない。」と言う内容のもので、利用者を借金苦から守る為に消費者金融などに適応される法律になっています。その為、年収の1/3を超える融資を消費者金融などで受ける事は出来ません。その事から、パートやアルバイトと言ったもともと、年収が低い人も、希望する金額の融資を受ける事が難しい事も起こってきます。

 

そして、まったく年収のない専業主婦の場合は、1円も融資を受ける事は出来ないと言えるのです。

専業主婦がお金を借りたい場合は、どうすればいいのか?

クエッションマーク

 

消費者金融の利用ができない以上、専業主婦の場合、お金をどこからも借りる事ができないと思われるかも知れませんが、そのような事はありません。総量規制は、あくまでも、消費者金融に適応される法律となります。

 

そして、そんな総量規制が適応されないのが銀行です。銀行は、総量規制適応外とされており、年収に関わらず審査さえクリアする事ができれば、希望金額の融資を受ける事が可能になっています。それは、専業主婦のような収入が0円の人でも同じとなります。

 

専業主婦でも、何も問題がない場合、少額ではあるものの融資を受ける事が可能になっているのです。
銀行が販売しているカードローンなどはもちろんのこと、最近では、一見消費者金融のように思えても、母体が銀行になっていることから、総量規制が適応されない場合もあります。その為、銀行だけにこだわらず、専業主婦でも利用する事ができる金融機関をネットなどで探してみるといった方法もお勧めです。

専業主婦が消費者金融の利用ができないと言う事を知らないと…

ひらめきマーク

 

専業主婦が消費者金融の利用ができないと言う事を知らずに、消費者金融ばかりに審査の申し込みを行ってしまうと大変なことになってしまいます。一見、銀行よりも借りやすいイメージが高い事から、何も知らずに専業主婦が消費者金融の審査申し込みを行い、審査落ち。その理由を考えることなく、また、すぐに違う消費者金融の審査を申し込む事などで申し込みブラック扱いになる事があります。

 

申し込みブラックとは、短期間に多くの審査申し込みを行う事で、それだけで審査を不利にしてしまうと言われています。その為、出来るだけ避けなければいけない行為となると言えるのです。

 

そのような申し込みブラックを避けるためには、まず、専業主婦の場合、消費者金融は利用する事ができないと言う事を事前に知っておく事が必要となります。その上で、銀行に絞って審査申し込みを行う事で、審査を通過する事ができやすくなり、結果的に申し込みブラックなどと言った扱いになる事を避ける事が可能となります。

まとめ

いかがでしたか。この事からわかるように専業主婦の場合は、必ず銀行のカードローンの審査申し込みを行う必要があります。その事を知らずにいくら、消費者金融の審査申し込みを行っても通過する事などなく、反対に申し込みブラック扱いになり、今後、カードローンの利用が難しくなってしまいます。その為、決して、そのような事が起こらないように注意し、審査申し込みを行う事をお勧めしたいと思います。

消費者金融の利用は家族に内緒で利用できます!

お金が急に必要になった時、身近な人へお金の相談をするのは避けたいと考える方は多いです。消費者金融では、スピーディに融資を受けることができ、家族に内緒で借入や返済ができるので活用している方も多く人気があります。

消費者金融の申し込みについて

紙に記入する人

 

消費者金融を利用する場合には、保証人や担保など必要になるのだろうか?と気になる方も多いはずです。やはりお金を借りるには保証人など必要となる金融機関もあるため、そのようなイメージを持っている方も多いです。消費者金融は、保証人や担保なども不要で手続きできます。パート、アルバイト、派遣社員の方など安定した収入がある方で、年齢は消費者金融会社にもよりますが目安として20歳以上69歳以下が申し込み対象となります。その辺をきちんと理解しておくことで、手続きも早くなります。

 

申し込みに関してもスマホ・パソコン・携帯電話から24時間いつでも手軽にできます。自動契約機や電話などお客様の希望にあった方法で手続きできますし、人目に会うことなく落ち着いて申し込みができます。申し込みの際には、必要な書類を準備しておくとスムーズな流れで手続きが行え、審査に通ればすぐに借入ができるなど、サービスをすぐ利用することができます。

消費者金融の利用は家族にバレない?

女性

 

消費者金融を利用したいと考えている場合、気になるのは家族に内緒で利用したいと考えるケースです。申し込み後、自宅への郵送物などもなく、カード不要にて借入することができるので、お客様の希望に合わせて使い方ができます。カードローンやキャッシングを利用した場合、利用明細書は消費者金融の公式ホームページへログイン後、ウェブ明細をチェックすることができます。自宅へ郵送物が届くことはなく、安心した活用ができるので便利です。

 

お金のことで家族に心配をかけたくないと考えている方も多いため、家族に内緒でカードローンなど利用できるといったメリットは、かなり大きいです。消費者金融と提携しているATMから融資を受けたり返済も可能なので手軽に利用することができますし、全国各地で利用することができるので旅先や出張先でもすぐカードローンの利用はできます。お金のことで悩むことがなく日常生活も大きく変化するのを実感できるようになります。

消費者金融の金利について

数字の模型

 

融資を受けた後の返済時に金利を含んだ金額を返済することになります。まず消費者金融を利用した場合の金利の適用方法は、単一金利になることが多いです。金利に関しては、消費者金融によって各々違いがありますが、目安としてある程度把握しておくと実質年利にて4.5%~17.8%といった感じになります。融資を受けた後は、計画的な返済も必要になるので、消費者金融の公式ホームページに返済シュミレーションなどリンクされていましたら、利用してイメージをつかんでみるのも良いでしょう。

 

やはり具体的に返済するには、どのような方法で行うべきかなどより分かりやすくなります。また、返済に遅れた場合には遅延利率で計算されるため、きちんと遅延がないよう返済していくのがとても大切になります。お金のやりくりを上手に行うことが何より大切になりますし、やはり借入後の返済を計画的に行うことでお金の管理が上手になるために大切なことですし、消費者金融は利用しやすいです。

消費者金融との付き合い方

男女消費者金融を利用する場合、まず活用方法などは自分の中で決めておくとよいでしょう。カードローンやキャッシングなど、すぐお金が必要な時に借入しやすく、少額から利用できるので1万円から利用できます。そのため、ちょくちょくカードローンなど利用していると、いくら融資を受けたか把握できないようになるため、きちんとウェブ明細でチェックして管理することが大切になります。

 

家族に内緒で借入できますし返済も口座振替が利用できるところもあり、なかなか使いやすいです。お給料が入ったらすぐ返済するなど、返済期日をお給料日後に設定すると無理なく返済が可能になります。借入後にすぐ返済すれば金利をごくわずかで済むため、負担なくやりくりできるようになります。家族に内緒でカードローンが利用できるので、男女に人気があり一時的にお金を借りることができるので精神的な負担もなく安心して活用できるといった方も多いので自分なりのルールを決めて利用することが大切になります。

まとめ

消費者金融は、申し込みもウェブサイトからできますし、審査結果もメールやご自身の携帯電話へ連絡がくるので、家族に内緒でカードローンやキャッシングを発行することができます。即日融資も可能で、すぐ融資を受けることができるためお金のことで身近な人へ相談する必要もなく精神的に随分楽になるはずです。ご利用になったらウェブ明細をマメにチェックすることで返済計画も上手に立てることができますし、やりくり上手になって計画的にお金を活用することができるようになります。

アルバイトで生計を立てるフリーターが消費者金融からお金を借りることについて

消費者金融からお金を借りたいとき、注意しなければいけないのは職業のことです。職業で借りられる借りられないが即時判断されるわけではないですが、審査で参考にされるのは間違いないです。では、アルバイトを主とするフリーターはどうなのでしょうか?消費者金融におけるアルバイトやフリーターの扱いについて検討していきます。

アルバイトで消費者金融からお金を借りられるのか

女性

 

正社員ではないアルバイトが消費者金融からお金を借りるのは、一見難しそうに思えてしまいます。正社員と比べればアルバイトは収入がどうしても低くなりがちですし、審査を通らないのではないかと不安になったとしても無理ありません。そのため、アルバイトの場合は消費者金融からお金を借りられないと最初から決めつけ、諦めてしまう人も多いはずです。しかし、アルバイトだからといって最初から借りられないと決めつけてしまうのは、やや判断を急ぎ過ぎているといわざるをえません。

 

なぜなら、たとえアルバイトでも、消費者金融でお金を借りることは可能だからです。消費者金融がお金を貸すときに審査の基準にしているのは、安定継続収入です。今はアルバイトでも安定継続収入は十分実現可能ですので、アルバイトだからといって審査が通らないわけではありません。たとえアルバイトでも、一定の審査基準を満たしてさえいれば、お金を借りることはできます。つまり、アルバイトでも消費者金融からお金を借りられないと決まっているわけではないのです。

アルバイトで生計を立てるフリーターはどうなのか

お金

 

アルバイトで生計を立てる人のことを一般的にフリーターといいますが、フリーターは消費者金融でお金を借りることができるのでしょうか?上記の項目でアルバイトでもお金を借りられるケースがあるとしましたが、これには条件があります。

 

それはしっかりと働いていて収入を確保できるということが確認できた場合です。もちろん消費者金融ごとに細かい審査基準の違いはあるでしょうが、審査について大まかに判断されるのはその点です。消費者金融はお金を貸すとき何より返済能力を重視しますので、その返済能力が十分でないとお金を貸してもらえません。

 

たとえば、週5日勤務でフルタイムびっしり働いているような正真正銘のフリーターなら、消費者金融からお金を貸してもらえる可能性は高くなります。それは、返済能力があると判断されやすいからです。融資希望額にもよりますが、フリーターだからといって無条件で断られたりはしないはずです。つまり、フリーターでも返済能力があると判断されれば、消費者金融からお金を貸してもらえます。

アルバイトやフリーターが注意したい点

女性

 

アルバイトやフリーターがお金を借りたいとき注意したい点は、高額の融資希望だと厳しくなってしまうという点です。消費者金融では50万円以上の融資となると慎重になるケースが多く、収入証明証の用意がないと借りられなかったりします。そして、アルバイトやフリーターでは収入がどうしても限られてきてしまいますので、そうなると高額の融資を受けることは厳しいということは念頭に置いておいたほうが良いです。また、たとえそうではなくても注意したい点があります。

 

それは、在籍確認についてです。消費者金融によっては勤務先に本当にその人がいるのかどうか、在籍確認の連絡をすることがあります。ですから、適当な情報を消費者金融に伝えてしまうのは、デメリットこそあれメリットはまったくありません。しっかりと働いているならそのことに自信を持ち、正確な情報を伝えるようにしたほうが公正な審査をしてもらえます。ですから、勤務先の情報等も含め、正確に伝えるようにすることが融資を受けるために注意したい点です。

 返済できる範囲でお金を借りることが大切

カレンダー

 

アルバイトをメインに仕事をするフリーターは、正社員と比べて収入がどうしても不安定になりがちです。だからこそ消費者金融から安心できるだけのお金をついつい借りたくなってしまいますが、借りたお金はもちろん返す義務があります。

 

それを考慮するなら返済能力ギリギリの目一杯までお金を借りるのは決して褒められたやり方ではなく、アルバイトの収入でも確実に返済できる範囲でお金を借りるようにしないといけないです。

 

そのためにはいつになったらどれぐらいの収入があるのかをきちんと管理し、あまり無理のない範囲で消費者金融からお金を借りることを第一に考えるべきです。消費者金融からお金を借りることができれば、お金の余裕が一時的に生まれます。ですがそれはいずれ利息をつけて返済しなければいけないものですので、その点を忘れないようにし、無理なく借りることが返済で苦労をしないための考え方です。この考え方を忘れなければ、消費者金融のサービスを有効活用することができます。

まとめ

アルバイト生活をしているフリーターはどうしてもお金の悩みに直面しやすいですが、そんなときは消費者金融を頼るのも手段の一つです。安易な気持ちで頼り過ぎるのは良くないですが、アルバイトがメインのフリーターでも借りられる場合があります。ですので、まずは返済のことを第一に考え、無理のない範囲で計画的に借りるようにすれば安心です。

収入証明書不要な消費者金融について詳しく知りたい!

消費者金融を利用したいけど、収入証明書不要なところはあるの?と詳しく知りたい方も多いはずです。収入証明書が必要な場合は、会社から事前に取り寄せが必要になるため、面倒だなと感じることもあるので、事前にチェックは必要です。

収入証明書はどういうものが対象になるの?

男性

 

収入証明書の提出が必要になるのは、例えば利用限度額が50万円を超える場合や他の消費者金融機関から借り入れを行い、総額100万円を超える場合など、消費者金融機関によって対象内容に違いがあります。収入証明書というと、最新の源泉徴収票、直近1ヵ月分の給与明細書、市民税・県民税決定通知書、課税証明書または通知書、所得証明書または通知書などが対象になります。

 

源泉徴収票は、場合によっては会社から取り寄せすることになるため、申し込みする前に必要な書類をきちんと確認して、事前準備をきちんと行うことが何より大切になります。貸金業法が大きく変わり、借入総額は年収の3分の1を超えられない総量規制といった基準になったため、やはり消費者金融機関も対策が大きく変化しました。消費者金融会社のカードローンやキャッシングを利用する場合、働いていることが条件になるため、専業主婦などは対象外になるケースも多くあります。

収入証明書不要になるケースとは?

クエッションマーク

 

消費者金融のカードローンやキャッシングの申し込み時に収入証明書が不要になるケースはどういった場合が対象になるか、事前に確認しておくとスムーズに申し込みができます。

 

利用限度額をいくらに設定するかが、大変重要になるため、ご自身でどのくらいの金額を借り入れしたいかをきちんと把握しておくことは重要になります。やはり利用限度額によって、手続きする際に提出する書類など違いがあるため、きちんと確認が必要になります。

 

また、収入証明書が不要になるケースとして、利用限度額が50万円以下または他の貸金業者から借入金が有る場合、他者との合計が100万円以下になっていることが条件になり、その場合は収入証明書の提出は不要になります。よって、スピーディに申し込みが行えるので、カードローンの手続きをしたいなと思ったら、すぐオンラインにて手続きができるため、スマホやパソコンなどご自宅にいながら申し込みができ、即日融資も可能になります。

収入証明書が不要な場合の申し込みに必要な書類は?

女性

 

収入証明書の提出が不要な場合は、申し込み時に何を提出すれば良いのか詳しいことを知りたいと考える方も多いはずです。やはり申し込みを検討している消費者金融会社の公式サイトから、申し込みに必要な提出書類など詳しい内容が記載されているので、事前に確認が必要になります。

 

消費者金融会社のカードローンやキャッシングの申し込みをする際には、オンラインにて手続きが可能になり、スムーズに申し込みができます。収入証明書は不要ですが、本人確認ができる書類の提出が必要になります。運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を提出すればよいですし、カメラアプリで撮影して、ウェブサイトへ添付するとよいので、手軽に申込みすることが可能になりました。面倒な手続きではなく、手軽にできるので初心者の方もスムーズな手続きができます。

 

機会操作が苦手な方は自動契約機を利用するとタッチパネル操作なので、かなり使いやすく面倒ではないので、簡単に申し込みができるようになっているので安心できます。

消費者金融の申し込みは簡単にできる?

電卓とお金

 

消費者金融のカードローンやキャッシングの申し込みを検討している場合、やはり気になるのは手続きが手軽にできるかどうか、この点はかなり気になるはずです。色々と面倒な手続きだと、お金を借りるのも面倒に感じたり、手続きするのが億劫に感じることもあるため、手続き方法は事前に確認することでスムーズにできます。

 

収入証明書は不要ですが、本人確認書類の提出が必要になります。スマホやパソコン・携帯電話にて手続きができますし、自動契約機や店舗、電話などで申し込みすることができます。

 

銀行提携の消費者金融でしたら、提携口座を持っているとWeb完結が利用でき、かなりスピーディな申し込みができるので、早ければ審査も40分前後で終わり、手続きが簡単にできるようになります。申し込みから借り入れまで、かなり短時間で手続きできるので、お金がすぐ必要な時などは、何かと助かるようになりますし、郵送でのやり取りも不要なので、自宅へ郵送物が届くこともなく、ウェブサイトから利用明細など確認することになります。

まとめ

お金のことで悩む必要がなく、収入証明書不要にて消費者金融のカードローンなど申し込みができるので、かなり短時間で手続きが完了します。すぐにお金を借り入れすることができ、少額から利用することができるので、お金のことで悩む必要がなく安心してカードローンなど活用することができるようになるので、生活の一部として活用することができます。

おすすめの消費者金融を比較・ランキング紹介!
おすすめの消費者金融一覧
最近の投稿